ロシア軍によるダイル・ザウル県ブーライル市(ダーイシュ支配下)空爆で民間人34人が死亡(2017年9月10日)

ダイル・ザウル県では、クッルナー・シュラカー(9月11日付)は、ブーライル・ニュース(https://www.facebook.com/albolilnews/)の情報として、ロシア軍戦闘機がダーイシュ(イスラーム国)支配下のブーライル村を空爆し、民間人34人が死亡、数十人が負傷した。

ロシア軍戦闘機は、同村の水路を通って、同村が位置するユーフラテス川右岸から左岸にわたろうとしていた船舶を爆撃し、乗っていた民間人を死傷させたという。

なおユーチューブ(9月10日付)には、爆撃の瞬間を撮影したというビデオ映像(https://youtu.be/J1FYVeP1Tng)が「#ブーライル・ニュース」というハッシュタグ付きで公開されている。

Google Map

Youtube, September 11, 2017

**

トルコのイスタンブールを拠点とするシリア革命反体制勢力国民連立は11日に声明を出し、ロシア軍によるブーライル村を「戦争犯罪」と非難した。

AFP, September 11, 2017、ANHA, September 11, 2017、AP, September 11, 2017、ARA News, September 11, 2017、Champress, September 11, 2017、al-Hayat, September 12, 2017、Kull-na Shuraka’, September 11, 2017、al-Mada Press, September 11, 2017、Naharnet, September 11, 2017、NNA, September 11, 2017、Reuters, September 11, 2017、SANA, September 11, 2017、UPI, September 11, 2017などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き パーマリンク