ダルアー県の変電所から電力供給停止、その理由をめぐり情報錯綜(2017年9月11日)

ダルアー県では、SANA(9月11日付)によると、反体制武装集団がヒルバト・ガザーラ町にある変電所を砲撃し、施設が利用不能となった。

一方、クッルナー・シュラカー(9月11日付)は、シリア政府所轄のダルアー県電力局が、西ガーリヤ村にある変電所一帯からの反体制武装集団の撤退を求め、ダルアー市東部郊外一帯の電力を遮断したと伝えた。

**

ダルアー県で活動するムウタッズ・ビッラーヒ軍(自由シリア軍南部戦線革命軍所属)は声明を出し、ハーリド・ナーブルスィー氏の後任として、バラー・ナーブルスィー大尉を新司令官に任命したと発表した。

AFP, September 11, 2017、ANHA, September 11, 2017、AP, September 11, 2017、ARA News, September 11, 2017、Champress, September 11, 2017、al-Hayat, September 12, 2017、Kull-na Shuraka’, September 11, 2017、al-Mada Press, September 11, 2017、Naharnet, September 11, 2017、NNA, September 11, 2017、Reuters, September 11, 2017、SANA, September 11, 2017、UPI, September 11, 2017などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力 パーマリンク