シャーム解放委員会幹部のサウジアラビア人説教師ムハイスィニー氏と幹部1人が組織からの脱会を宣言、ハーシム・シャイフ総司令官は2人を「無様だ」と非難(2017年9月12日)

シリアのアル=カーイダと目されるシャーム解放委員会の幹部(法務委員会メンバー)でサウジアラビア人説教師のアブドゥッラー・ムハイスィニー氏とムスリフ・ウルヤーニー氏の2人は共同声明を出し、委員会を脱会すると発表した。

声明で、両名は「最近の戦闘における法務委員会の行き過ぎ、一部幹部がシャリーア実践を拒否する音声データの流出以降…、我々が一部のシャイフとともに提起した断固たる措置を通じて、麻痺状態を改革するための蜂起が不可避となった」にもかかわらず、これが結実しなかったと非難、「我々がこの組織にいても、目的を達成できないことが分かったがゆえに、我々はシャーム解放委員会からの脱会を告知する必要が生じた」と述べている。

Kull-na Shuraka’, September 12, 2017

Kull-na Shuraka’, September 12, 2017

**

シャーム解放委員会のハーシム・シャイフ(アブー・ジャービル)総司令官は、アブドゥッラー・ムハイスィニー氏とムスリフ・ウルヤーニー氏の脱会に関して、テレグラムを通じて声明を出し、両名を「無様だ」と非難した。

クッルナー・シュラカー(9月12日付)が伝えた。

AFP, September 12, 2017、ANHA, September 12, 2017、AP, September 12, 2017、ARA News, September 12, 2017、Champress, September 12, 2017、al-Hayat, September 13, 2017、Kull-na Shuraka’, September 12, 2017、al-Mada Press, September 12, 2017、Naharnet, September 12, 2017、NNA, September 12, 2017、Reuters, September 12, 2017、SANA, September 12, 2017、UPI, September 12, 2017などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: 反体制勢力の動き パーマリンク