ダルアー県でイスラーム軍所属の司令官が何者かに撃たれ死亡(2017年10月20日)

ダルアー県では、クッルナー・シュラカー(10月20日付)によると、イスラーム軍所属のアーイシャ・ウンム・ムウミニーン旅団司令官のマーズィン・ジャウフィー氏が乗った車が、ジーザ町とタイバ町を結ぶ街道で何者かの発砲を受け、ファウフィー氏が撃たれて死亡した。

また、ウンム・マヤーズィン村とダルアー市を結ぶ街道では、爆弾の爆弾により、南部タウヒード旅団の車輌に乗っていた戦闘員2人が死亡した。

**

ダマスカス県・ダマスカス郊外県では、SANA(10月20日付)によると、反体制武装集団がカッサーア地区、タッバーラ地区、ジャルマーナー市を砲撃し女性1人が死亡、子ども1人を含む住民3人が負傷した。

一方、クッルナー・シュラカー(10月20日付)によると、シリア軍がカフルバトナー町を砲撃し、子ども1人が死亡した。

このほか、スマート・ニュース(10月20日付)によると、シリア軍がアイン・タルマー村に進攻を試み、ラフマーン軍団と交戦、兵士10人が死亡した。

**

イドリブ県では、クッルナー・シュラカー(10月20日付)によると、ロシア軍戦闘機がサルミーン市一帯を空爆した。

AFP, October 20, 2017、ANHA, October 20, 2017、AP, October 20, 2017、ARA News, October 20, 2017、Champress, October 20, 2017、al-Hayat, October 21, 2017、Kull-na Shuraka’, October 20, 2017、al-Mada Press, October 20, 2017、Naharnet, October 20, 2017、NNA, October 20, 2017、Reuters, October 20, 2017、SANA, October 20, 2017、SMART News, October 20, 2017、UPI, October 20, 2017などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き パーマリンク