シリア軍はダーイシュ最後の拠点ブーカマール市に向けてユーフラテス川右岸で作戦強化(2017年10月23日)

ダイル・ザウル県では、SANA(10月23日付)によると、シリア軍がダイル・ザウル市フワイジャト・サクル地区(島)、工業地区でダーイシュ(イスラーム国)と交戦、またシャイフ・ヤースィーン地区、スーク・ハール地区、シネマ・フアード通り、ハウィーカ地区、ジュバイラ地区、ラシュディーヤ地区、労働者住宅地区、カナーマート地区、ハサーラート地区、アルディー地区の拠点を空爆・砲撃した。

シリア軍はまた、イラク国境に近いブーカマール市近郊のアシャーラ市、クーリーヤ市を空爆した。

このほか、シリア軍は14日にダーイシュから解放したマヤーディーン市への住民の帰宅に向け、仮設居住センターの整備などを行った。

一方、『ハヤート』(10月24日付)によると、シリア軍はまたイラク国境地帯でのダーイシュ(イスラーム国)掃討作戦(暁3作戦)を再開した。

同作戦は、ブーカマール市にいたるユーフラテス川西岸のイラク国境地帯の制圧を目的としている。

AFP, October 23, 2017、ANHA, October 23, 2017、AP, October 23, 2017、ARA News, October 23, 2017、Champress, October 23, 2017、al-Hayat, October 24, 2017、Kull-na Shuraka’, October 23, 2017、al-Mada Press, October 23, 2017、Naharnet, October 23, 2017、NNA, October 23, 2017、Reuters, October 23, 2017、SANA, October 23, 2017、UPI, October 23, 2017などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力 パーマリンク