YPG主体のシリア民主軍は、地元部族長や名士の説得工作によりユーフラテス川左岸からダーイシュを撤退させる(2017年10月23日)

ダイル・ザウル県では、シリア人権監視団によると、ハーブルール川右岸(西岸)のスワル町郊外と、ユーフラテス川左岸(東岸)のフシャーム町近郊からハジーン市にいたる地域で、地元の部族長や名士がダーイシュ(イスラーム国)と交渉し、同地を西クルディスタン移行期民政局人民防衛隊主体のシリア民主軍に引き渡すことで合意、少なくとも2カ村からダーイシュが撤退し、シリア民主軍の支配したに入った。

これにより、シリア民主軍はユーフラテス川左岸をダーイシュ最後の拠点であるブーカマール市方面(同川右岸)に南下する進路を確保したという。

一方、ユーフラテス・ポスト(10月23日付)によると、ダーイシュはスバイハーン市近郊のスバイハーン油田一帯でシリア民主軍と交戦、多数の戦闘員が死傷させた。

**

アレッポ県では、ANHA(10月23日付)によると、西クルディスタン移行期民政局アフリーン地区(北シリア民主連邦アレッポ地域)の青年250人が同地の防衛を任務とする人民防衛隊参加の新部隊第7連隊に入隊、宣誓を行った。

AFP, October 23, 2017、ANHA, October 23, 2017、AP, October 23, 2017、ARA News, October 23, 2017、Champress, October 23, 2017、Euphrates Post, October 23, 2017、al-Hayat, October 24, 2017、Kull-na Shuraka’, October 23, 2017、al-Mada Press, October 23, 2017、Naharnet, October 23, 2017、NNA, October 23, 2017、Reuters, October 23, 2017、SANA, October 23, 2017、UPI, October 23, 2017などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き パーマリンク