ヌールッディーン・ザンキー運動はシャーム解放委員会との停戦の条件として、アル=カーイダ系のシャーム自由人イスラーム運動の「復権」を要求(2017年11月14日)

ヌールッディーン・ザンキー運動は声明を出し、アレッポ県西部でのシャーム解放委員会との停戦に関して四つの条件を示した。

四つの条件とは、①シャーム解放委員会が最近の戦闘で「占領」したヌールッディーン・ザンキー運動の拠点からの撤退、②シャーム自由人イスラーム運動の2週間以内の「復権」(詳細は明示せず)、③シャーム解放委員会が拘置している捕虜の釈放、④停戦。

al-Durar al-Shamiya, November 14, 2017

AFP, November 14, 2017、ANHA, November 14, 2017、AP, November 14, 2017、ARA News, November 14, 2017、Champress, November 14, 2017、al-Durar al-Shamiya, November 14, 2017、al-Hayat, November 15, 2017、al-Mada Press, November 14, 2017、Naharnet, November 14, 2017、NNA, November 14, 2017、Reuters, November 14, 2017、SANA, November 14, 2017、UPI, November 14, 2017などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: 反体制勢力の動き パーマリンク