YPG主体のシリア民主軍はダイル・ザウル県の避難民がハサカ県に入るのを阻止(2017年11月18日)

ダイル・ザウル県では、ANHA(11月18日付)によると、西クルディスタン移行期民政局(ロジャヴァ)人民防衛隊(YPG)主体のシリア民主軍がダーイシュ(イスラーム国)との戦闘の末、ダッバーン村を制圧した。

また、ドゥラル・シャーミーヤ(11月19日付)によると、シリア民主軍はイラク国境に近いタナク油田近郊でダーイシュと激しく交戦したという。

一方、ユーフラテス・ポスト(11月19日付)は、複数の地元メディア筋の話として、西クルディスタン移行期民政局(ロジャヴァ)人民防衛隊(YPG)主体のシリア民主軍が、ダイル・ザウル県での戦火を逃れて避難する住民が、ハサカ県内の支配地域に入ることを阻止している、と伝えた。

シリア民主軍はハサカ県シャッダーディー市南西部のアブー・ファース村近くに検問所を設置し、避難民が北上するのを阻止しているという。

AFP, November 18, 2017、ANHA, November 18, 2017、AP, November 18, 2017、ARA News, November 18, 2017、Champress, November 18, 2017、al-Durar al-Shamiya, November 18, 2017、Euphrates Post, November 18, 2017、al-Hayat, November 19, 2017、al-Mada Press, November 18, 2017、Naharnet, November 18, 2017、NNA, November 18, 2017、Reuters, November 18, 2017、SANA, November 18, 2017、UPI, November 18, 2017などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: 反体制勢力の動き, 国内の暴力 パーマリンク