自由シリア軍特殊作戦旅団「テロ撲滅連隊」がスワイダー県で「イランの民兵」を襲撃したと発表(2017年11月18日)

自由シリア軍特殊作戦旅団「テロ撲滅連隊」を名乗る武装集団は声明を出し、スワイダー県のハッラーン市とアリーカ町を結ぶ街道で「イランの民兵」を襲撃し、レバノン国籍の戦闘員ら10人を殺傷したと発表した。

「イランの民兵」は、ダマスカス郊外県南西部のシャイフ山(ヘルモン山)麓のバイト・ジン村での反体制武装集団に対する戦闘に参加する組織だという。

AFP, November 18, 2017、ANHA, November 18, 2017、AP, November 18, 2017、ARA News, November 18, 2017、Champress, November 18, 2017、al-Durar al-Shamiya, November 18, 2017、al-Hayat, November 19, 2017、al-Mada Press, November 18, 2017、Naharnet, November 18, 2017、NNA, November 18, 2017、Reuters, November 18, 2017、SANA, November 18, 2017、UPI, November 18, 2017などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: 反体制勢力の動き, 国内の暴力 パーマリンク