フォックス・ニュースは国連のアレッポ市東部復興事業を悪意をもって報道(2017年11月18日)

フォックス・ニュース(11月16日付)は、国連が、2016年12月にシリア政府によって制圧されたアレッポ市東部街区の復興事業に乗り出そうとしていると批判的に報じた。

フォックス・ニュースが入手した文書によると、復興事業は、UNHCRがシリアの地方自治環境省とともに策定し、「アレッポ市東部を破壊した独裁的なアサド政権の指導のもとで」、「表面上は中立的に見える人道支援を政権がかなりの程度管理することになる」と悪意をもって伝えている。

フォックス・ニュースは、この復興事業が「2016年12月にアサド軍の手に落ちたアレッポを逃れた数万人を難民として固定化しかねない」と懸念を示している。

AFP, November 18, 2017、ANHA, November 18, 2017、AP, November 18, 2017、ARA News, November 18, 2017、Champress, November 18, 2017、al-Durar al-Shamiya, November 18, 2017、Fox News, November 18, 2017、al-Hayat, November 19, 2017、al-Mada Press, November 18, 2017、Naharnet, November 18, 2017、NNA, November 18, 2017、Reuters, November 18, 2017、SANA, November 18, 2017、UPI, November 18, 2017などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: 諸外国の動き パーマリンク