2014年2月28日のシリア情勢:諸外国の動き

化学兵器禁止機関(OPCW)・国連合同派遣団は国連安保理にシリアでの化学兵器廃棄プロセスに関する月例報告書を提出、そのなかで1月27日に、反体制武装集団が2度にわたって化学物質を積んだ車列を襲撃しようとしたとシリア政府から報告を受けていたことを明らかにした。

襲撃についての詳細は明らかにされていない。

5ページからなる報告書ではまた、シリア政府が反体制武装集団との交戦によって、化学兵器関連施設に依然として近づくことができないでおり、そのことがインプロパノールなどの化学物質の廃棄プロセスを遅らせていると指摘している。

**

報告書に関して、潘基文事務総長は、廃棄プロセスに「重要な進展があった」としつつ、「シリア政府は化学兵器の全廃に向けて早急に努力すべきだ」と述べた。

**

米国務省は、ロバート・フォード駐シリア米大使を解任したと発表した。

フォード大使は半年前にジョン・ケリー米国務長官に対して「私的理由」により辞意を申し出ていた。

AFP, February 28, 2014、AP, February 28, 2014、ARA News, February 28, 2014、Champress, February 28, 2014、al-Hayat, March 1, 2014、Iraqinews.com, February 28, 2014、Kull-na Shuraka’, February 28, 2014、Naharnet, February 28, 2014、NNA, February 28, 2014、Reuters, February 28, 2014、SANA, February 28, 2014、UPI, February 28, 2014などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: 諸外国の動き パーマリンク