日別アーカイブ: 2016年1月7日

シリア国民連合のハウジャ議長「中国は安保理常任理事国であり、シリア政府と反体制派と等距離を保とうとしている」(2016年1月7日)

シリア革命反体制勢力国民連立のハーリド・ハウジャ議長は中国を訪問し、王毅外交部長と会談した。 会談後、ハウジャ議長は「中国は安保理常任理事国であり、シリア政府と反体制派と等距離を保とうとしている」と述べた。 AFP, J … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き | コメントする

アル=カーイダ系のジュンド・アクサー機構は、アル=カーイダ系のシャーム自由人によるダーイシュ(イスラーム国)細胞の処刑に反発しファトフ軍としての活動中止を宣言(2016年1月7日)

アル=カーイダ系組織のジュンド・アクサー機構は、ファトフ軍の作戦司令室のもとでの活動を中止すると発表した。 ジュンド・アクサー機構の声明によると、活動中止は、ファトフ軍執行部メンバーのシャーム自由人イスラーム運動のアブー … 続きを読む

カテゴリー: 反体制勢力の動き | コメントする

米主導の有志連合はシリア領内で3回の空爆を実施(2016年1月7日)

米中央軍(CENTCOM)は、1月7日にシリア、イラク領内のダーイシュ(イスラーム国)拠点などに対して25回の空爆を行ったと発表した。 このうちシリア領内での空爆は3回で、アイン・イーサー市近郊(2回)、マンジジュ市近郊 … 続きを読む

カテゴリー: 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き | コメントする

ロシア軍がアレッポ県西部でヌスラ戦線などと戦うシリア民主軍を空爆支援する一方、米軍は県東部のティシュリーン・ダムに駐留との情報(2016年1月7日)

アレッポ県では、シリア人権監視団によると、西クルディスタン移行期民政局人民防衛部隊主体のシリア民主軍とアレッポ・ファトフ軍作戦司令室諸派が交戦するマーリキーヤ村、カシュタアール村、マンナグ航空基地一帯をロシア軍と思われる … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き | コメントする

シリア軍がヒムス県、ダイル・ザウル県でダーイシュ(イスラーム国)との戦闘を続ける(2016年1月7日)

ヒムス県では、シリア人権監視団によると、シリア軍がカルヤタイン市郊外でダーイシュ(イスラーム国)の車輌を攻撃した。 またシリア軍はダーイシュの支配下にあるタドムル市を「樽爆弾」で空爆した。 ** ラッカ県では、シリア人権 … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き | コメントする

シリア軍、ロシア軍がダマスカス郊外県を空爆・砲撃する一方、反体制派もダマスカス郊外県、ダマスカス県を砲撃(2016年1月7日)

ダマスカス郊外県では、シリア人権監視団によると、シリア軍がダーライヤー市各所に対して「樽爆弾」40発を、ムウダミーヤト・シャーム市各所に「樽爆弾」8発を投下した。 ダーライヤー市ではまた、シリア軍とジハード主義武装集団が … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き | コメントする

UNHCRは反体制武装集団が籠城するダマスカス郊外県マダーヤー町への人道支援物資搬入をシリア政府が受諾したことを歓迎(2016年1月7日)

UNHCRは声明を出し、シリア政府が反体制武装集団が籠城するダマスカス郊外県マダーヤー町と、シリア政府支配下イドリブ県フーア市、カファルヤー町への人道支援物資搬入に同意したとして歓迎の意を表明した。 しかし、マダーヤー町 … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き | コメントする

レバノン大統領選挙が34回目の延期(2016年1月7日)

ナビーフ・ビッリー国民議会議長は、大統領選挙(第2回投票)のための特別会(34回目、1月7日予定)が定足数に達しなかったことを受け、会合を2月8日に再び延期すると決定した。 ナハールネット(1月7日付)が伝えた。 AFP … 続きを読む

カテゴリー: レバノンの動き | コメントする

シャーム自由人イスラーム運動がイドリブ県でダーイシュ(イスラーム国)のスリーパー・セルを摘発(2016年1月7日)

イドリブ県では、ARA News(1月7日付)によると、シャーム自由人イスラーム運動がマアッラト・ヌウマーン市内で大規模な捜索活動を行い、ダーイシュ(イスラーム国)のスリーパー・セルを摘発した。 このセルは1月2日のジャ … 続きを読む

カテゴリー: 反体制勢力の動き | コメントする