日別アーカイブ: 2016年1月26日

米主導の有志連合はシリア領内で4回の空爆を実施(2016年1月26日)

米中央軍(CENTCOM)は、1月26日にシリア、イラク領内のダーイシュ(イスラーム国)拠点などに対して14回の空爆を行ったと発表した。 このうちシリア領内での空爆は4回でハサカ市近郊(2回)、ラッカ市近郊(1回)、マー … 続きを読む

カテゴリー: 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き | コメントする

イドリブ県フーア市、カファルヤー町でシリア軍とアル=カーイダ系組織からなるファトフ軍が捕虜交換(2016年1月26日)

イドリブ県では、クッルナー・シュラカー(1月27日付)によると、フーア市、カファルヤー町の国防隊およびシリア軍が、ファトフ軍と捕虜交換を行い、拘束中のファトフ軍戦闘員35人を釈放した。 これに対して、ファトフ軍はフーア市 … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き | コメントする

アル=カーイダ系組織のヌスラ戦線が戦闘員1,500人をアレッポ市北部に増派(2016年1月26日)

アレッポ県では、クッルナー・シュラカー(1月27日付)などによると、アル=カーイダ系組織のシャームの民のヌスラ戦線が、シリア政府の支配下にとどまる県北部のヌッブル市、ザフラー町の掌握と、アレッポ市と県北部一帯の分断をめざ … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力 | コメントする

ヒムス市で連続自爆テロが発生し、ダーイシュ(イスラーム国)が犯行声明を発表(2016年1月26日)

ヒムス県では、シリア人権監視団、SANA(1月26日付)によると、ヒムス市ザフラー地区のスィッティーン通りで連続自爆テロが発生し、シリア軍兵士・国防隊隊員15人、女性7人を含む29人(SANAによると22人)が死亡した。 … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き | コメントする

シリア軍が南部ダルアー県のヌスラ戦線の戦略拠点シャイフ・マスキーン市を完全制圧(2016年1月26日)

ダルアー県では、シリア人権監視団によると、シリア軍、国防隊、ヒズブッラー戦闘員、イラン人士官が、シャイフ・マスキーン市を完全制圧した。 同市は2015年初めに反体制武装集団によって制圧され、アル=カーイダ系組織のシャーム … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き | コメントする

シリア軍がアレッポ県バーブ市近郊の村をダーイシュ(イスラーム国)から奪還・制圧(2016年1月26日)

アレッポ県では、SANA(1月26日付)によると、シリア軍がダーイシュ(イスラーム国)の拠点都市の一つバーブ市近郊のアイン・ハンシュ村を制圧、同地の治安と安定を回復した。 また、クッルナー・シュラカー(1月27日付)によ … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力 | コメントする

ヌスラ戦線、シャーム自由人イスラーム運動の離反者、シリア革命家戦線の「残党」がイドリブ県で「シャーム防衛者運動」を結成(2016年1月26日)

ARA News(1月26日付)は、イドリブ県北西部一帯で活動する複数の武装集団が「シャーム防衛者運動」の名で新たな武装連合組織を結成したと伝えた。 「シャーム防衛者運動」に参加したのは、イドリブ殉教者旅団のほか、シャー … 続きを読む

カテゴリー: 反体制勢力の動き | コメントする

イスラエルのヤアロン国防相「ダーイシュ(イスラーム国)は非常に長い間、石油と引き替えにトルコから資金を得てきた」(2016年1月26日)

イスラエルのモシェ・ヤアロン国防大臣は訪問先のギリシャでパノス・カメノス外務大臣との会談後の記者会見で、「ダーイシュ(イスラーム国)は非常に長い間、石油と引き替えにトルコから資金を得てきた。私はこうした状況が終わることを … 続きを読む

カテゴリー: 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き | コメントする

トルコのダウトオール首相はPKKとつながりのある民主連合党(PYD)のジュネーブ3会議への参加を拒否(2016年1月26日)

トルコのアフメト・ダウトオール首相は、シリア政府と反体制派の和平交渉(ジュネーブ3会議)に関して、公正発展党(AKP)の議員らを前に「我々は、民主連合党、人民防衛部隊がテーブルに就くことを断固拒否する」と述べた。 AFP … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き | コメントする

ロシアのラヴロフ外務大臣は「ISSGのなかで一カ国だけが民主連合党のジュネーブ3会議への招聘に反対している」と述べ、トルコを批判(2016年1月26日)

ロシアのセルゲイ・ラヴロフ外務大臣はモスクワでの記者会見で、シリア情勢に関して「軍事的手段だけでテロを打ち負かすことは不可能で、紛争解決に向けた政治的措置と戦闘が統合されねばならない。またイラクやシリアでダーイシュ(イス … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き | コメントする

リヤド最高交渉委員会はジュネーブ3会議への参加の是非を審議、国連事務総長にシリア国内での砲撃、包囲・飢餓作戦を「戦争犯罪」とみなすよう改めて要請(2016年1月26日)

最高交渉委員会はリヤドで4度目となる会合を開き、1月29日に開催が延期となったジュネーブ3会議への対応を協議した。 クッルナー・シュラカー(1月26日付)によると、委員会は声明で、2012年6月末のジュネーブ2会議、国連 … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き | コメントする

デミストゥラ・シリア問題担当国連アラブ連盟共同特別代表はシリア政府、民主連合党の反体制派にジュネーブ3会議の招聘状を送付(2016年1月26日)

スタファン・デミストゥラ・シリア問題担当国連アラブ連盟共同特別代表は、1月29日に開催日が延期となったジュネーブ3会議への招聘状を、当事者に送付した。 『ハヤート』(1月27日付)が入手した招聘状コピーによると、招聘状の … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き | コメントする