日別アーカイブ: 2016年1月15日

シャーム戦線所属組織はアレッポ県北部のトルコ国境に位置するガザル村、ハルファトリー村をダーイシュ(イスラーム国)から奪還(2016年1月15日)

アレッポ県では、クッルナー・シュラカー(1月16日付)によると、山地の鷹旅団、スルターン・ムラード師団、ハムザ旅団は、ダーイシュ(イスラーム国)との戦闘の末にガザル村、ハルファトリー村を制圧したと発表した。 AFP, J … 続きを読む

カテゴリー: 反体制勢力の動き, 国内の暴力 | コメントする

米軍発表によると、2015年4~7月にかけてのイラク、シリア領内での有志連合による空爆での民間人の犠牲者はたった8人(2016年1月15日)

米中央軍は、2015年4月12日から7月4日までの約2ヶ月半で有志連合によるイラク、シリア領内でのダーイシュ(イスラーム国)に対する空爆で、民間人8人が死亡、3人が負傷したことを確認したと発表した。 このうちシリアでの空 … 続きを読む

カテゴリー: 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き | コメントする

国連安保理はシリア国内の人道状況を審議、シリア軍、ダーイシュ(イスラーム国)、ヌスラ戦線などによる住民包囲を「戦争犯罪」と批判(2016年1月15日)

国連安保理は、シリア国内の人道状況に関する会合を開き、国連人道問題担当事務次長補の姜敬和女史が報告を行った(http://www.un.org/press/en/2016/sc12203.doc.htm)。 英仏の要請に … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き | コメントする

米主導の有志連合はシリア領内で11回の空爆を実施(2016年1月15日)

米中央軍(CENTCOM)は、1月15日にシリア、イラク領内のダーイシュ(イスラーム国)拠点などに対して29回の空爆を行ったと発表した。 このうちシリア領内での空爆は11回でブーカマール市近郊(1回)、ハサカ市近郊(2回 … 続きを読む

カテゴリー: 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き | コメントする

アレッポ市北部アアザーズ市近郊でYPG主体のシリア民主軍がアル=カーイダ系のヌスラ戦線と交戦(2016年1月15日)

アレッポ県では、ARA News(1月15日付)によると、西クルディスタン移行期民政局人民防衛部隊、革命家軍からなるシリア民主軍が、アアザーズ市郊外のアルカミーヤ村一帯でシャームの民のヌスラ戦線などからなるジハード主義武 … 続きを読む

カテゴリー: 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き | コメントする

シリア軍はアレッポ県バーブ市近郊のウブーディーヤ村、ヒムス県中部の丘陵地帯をダーイシュ(イスラーム国)から奪還(2016年1月15日)

アレッポ県では、シリア人権監視団によると、シリア軍がアレッポ市東部バーブ市近郊のウブーディーヤ村など3カ村でダーイシュ(イスラーム国)と激しく交戦した。 またロシア軍と思われる戦闘機がマンビジュ市、マーイル町などアレッポ … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き | コメントする

シリア軍がアレッポ市一帯、ラタキア県北部でヌスラ戦線などへの攻勢を続ける(2016年1月15日)

アレッポ県では、シリア人権監視団によると、ロシア軍が、アレッポ市北部のバニー・ザイド地区、南西部のスッカリー地区を空爆した。 またシリア軍はアレッポ市南部のハーン・トゥーマーン村一帯でジハード主義武装集団と交戦し、後者の … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き | コメントする

ロシア軍はダーイシュ(イスラーム国)の包囲が続くシリア政府支配下のダイル・ザウル市などへの「人道作戦」開始を発表(2016年1月15日)

ロシア軍参謀本部機動総局のセルゲイ・ルドスコイ局長は記者会見を開き、シリア領内での空爆開始(2015年9月30日)から100日が経ったの受けこれまでの戦果を発表、ロシア軍航空機の出撃回数が5,662回におよび、シリア軍が … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き | コメントする