日別アーカイブ: 2016年10月25日

イスラーム軍との合同作戦司令室結成に応じたラフマーン軍団が指導者、所属部隊の相次ぐ離反で事実上消滅(2016年10月25日)

ダマスカス郊外県東グータ地方を中心に活動するラフマーン軍団の創設者の一人アブー・ムーサー・アシュアリー少将がフェイスブックを通じて声明を出し、同軍団を離反すると発表した。 離反は、指導部レベルでの内部対立(バラー旅団との … 続きを読む

カテゴリー: 反体制勢力の動き | コメントする

アレキサンドレッタ地方解放人民戦線の指導者カヤーリー氏が7ヶ月ぶりに健在ぶりをアピール(2016年10月25日)

シリア軍を後援する人民防衛諸集団の一つで、ラタキア県やトルコのハタイ県(アレキサンドレッタ地方)の住民らによって構成されるアレキサンドレッタ地方解放人民戦線の指導者アリー・カヤーリー氏(別名ミフラチュ・ウラル)氏がインタ … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き | コメントする

トルコのチャヴシュオール外相「クルド人部隊がマンビジュから退去しない場合、彼らをどう退去させるかを米国には伝えている」(2016年10月25日)

トルコのメヴリュト・チャヴシュオール外務大臣は、トルコのカナル24(10月25日付)で、アレッポ県のユーフラテス川西岸のマンビジュ市が、米国の支援を受ける西クルディスタン移行期民政局人民防衛部隊主体のシリア民主軍の支配下 … 続きを読む

カテゴリー: 諸外国の動き | コメントする

カーター米国防長官「ラッカ市孤立化の基礎作りにロシアは参加していない」、ファロン英国防大臣「シリア国外での穏健な反体制派への教練を強化する」(2016年10月25日)

米国のアシュトン・カーター国防長官はフランスの首都パリでジャン=イヴ・ル・ドリアン国防大臣と会談した。 会談後の共同記者会見で、カーター国防長官は、シリア領内におけるダーイシュ(イスラーム国)の中心拠点である「ラッカ市を … 続きを読む

カテゴリー: 諸外国の動き | コメントする

NATOのストルテンベルグ事務総長はロシア軍航空母艦の地中海東部への展開を非難(2016年10月25日)

NATOのヤンス・ストルテンベルグ事務総長は、ベルギーの首都ブリュッセルでの記者会見で、ロシア海軍の航空母艦アドミラル・クズネツォフがシリア沖に展開したことに関して、「武装集団に乗じて、ロシアは…アレッポ市へのさらなる空 … 続きを読む

カテゴリー: 諸外国の動き | コメントする

シリア軍はアレッポ県北部でダーイシュと反体制武装集団を空爆する一方、トルコ軍と共闘する反体制武装集団はダーイシュとYPG主体のシリア民主軍と交戦(2016年10月25日)

アレッポ県では、クッルナー・シュラカー(10月25日付)、『ハヤート』(10月26日付)などによると、トルコ軍航空部隊・戦車部隊と共闘する反体制武装集団が、県北部のカサール村、タッル・マディーク村、タッル・ジージャーン村 … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き | コメントする

ロシア国防省とロシア軍参謀本部は18日以降、ロシア・シリア両軍はアレッポ市一帯で空爆を中止したままだと発表(2016年10月25日)

ロシア外務省のイゴール・コナシェンコフ報道官は、報道向け声明を出し、ロシア・シリア両軍の航空部隊はアレッポ市および同市周辺上空での旋回および爆撃を18日から停止している、と発表した。 また24日、住民48人がアレッポ市東 … 続きを読む

カテゴリー: 諸外国の動き | コメントする

アレッポ市東部各所およびアレッポ市郊外でシリア軍と反体制武装集団の戦闘が続く(2016年10月25日)

アレッポ県では、シリア人権監視団によると、アレッポ市西部郊外のアウラム・クブラー村が戦闘機(所属明示せず)の空爆を受けるとともに、アレッポ市マサーキン・ハナーヌー地区、ハイダリーヤ地区がシリア軍の砲撃を受けた。 またシリ … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き | コメントする

米主導の有志連合は24日にシリア領内で6回の空爆を実施(2016年10月25日)

米中央軍(CENTCOM)は、10月21日のシリア、イラク両国における有志連合の空爆の戦果をHPで発表した。 それによると、有志連合は両国領内のダーイシュ(イスラーム国)拠点などに対して11回の空爆を実施、このうちシリア … 続きを読む

カテゴリー: 諸外国の動き | コメントする