日別アーカイブ: 2016年10月10日

UNICEFがシリア政府支配地域で配給したはずの学校用カバンが一つ1,500シリア・ポンドで転売(2016年10月10日)

ARA News(10月10日付)は、シリア政府に近い複数の消息筋の話として、シリア政府支配地域で配給されているはず国連UNICEFからの教育関連の支援物資の一部が転売され、市場に出回っていると伝えた。 転売されているの … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 諸外国の動き | コメントする

ダルアー県で、ヌスラ戦線と自由シリア軍がダーイシュに忠誠を誓うハーリド・ブン・ワリード軍と交戦(2016年10月10日)

ダルアー県では、ARA News(10月10日付)によると、シャーム・ファトフ戦線(シャームの民のヌスラ戦線)と自由シリア軍南部戦線の合同部隊が、マドゥーラ村一帯で、ダーイシュ(イスラーム国)に忠誠を誓うハーリド・ブン・ … 続きを読む

カテゴリー: 反体制勢力の動き, 国内の暴力 | コメントする

シャーム自由人イスラーム運動と、シャーム・ファトフ戦線(ヌスラ戦線)に吸収合併されたジュンド・アクサー機構が対立解消で合意(2016年10月10日)

シャーム自由人イスラーム運動とシャーム・ファトフ戦線(シャームの民のヌスラ戦線)は共同声明を出し、シャーム自由人イスラーム運動とジュンド・シャーム機構の対立を解消することで合意したと発表した。 両組織がSNSを通じて発表 … 続きを読む

カテゴリー: 反体制勢力の動き, 国内の暴力 | コメントする

トルコ軍と有志連合の支援を受ける反体制武装集団がアレッポ県北部でダーイシュから9カ村を奪取(2016年10月10日)

アレッポ県では、クッルナー・シュラカー(10月10日付)によると、トルコ軍と有志連合の支援を受ける反体制武装集団(ハワール・キッリス作戦司令室)が、ダーイシュ(イスラーム国)との戦闘の末、カフルガーン村、ガザル村、シャイ … 続きを読む

カテゴリー: 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き | コメントする

ロシアのパンコヴ国防副大臣「タルトゥースにロシア海軍の常駐基地を設置する」(2016年10月10日)

ロシアのニコライ・パンコヴ国防副大臣は連邦議会上院で、ロシアがシリアから租借しているタルトゥース軍港に関して、同地に常駐基地を設置すると述べた。 パンコヴ副大臣は、「我々はタルトゥースに海軍の常駐基地を持つことになるだろ … 続きを読む

カテゴリー: 諸外国の動き | コメントする

ロシアのプーチン大統領がトルコのエルドーアン大統領と直接会談し、「ユーフラテスの盾」作戦などをめぐって意見を交わす(2016年10月10日)

ロシアのヴラジミール・プーチン大統領は、トルコで開催予定の世界エネルギー会議に出席するためにイスタンブールを訪問、同地でレジェップ・タイイップ・エルドアン大統領と会談した。 『ハヤート』(10月11日付)などによると、会 … 続きを読む

カテゴリー: 諸外国の動き | コメントする

フランスのエロー外相、ロシア・シリア両軍の「戦争犯罪」の国際刑事裁判所への提訴をめざす(2016年10月10日)

フランスのジャン=マルク・エロー外務大臣はラジオ・フランス(10月10日付)に対して、ロシア・シリア両軍のアレッポ市東部への空爆を「戦争犯罪」と非難し、国際刑事裁判所への提訴に向けた方途を探ると述べた。 AFP, Oct … 続きを読む

カテゴリー: 諸外国の動き | コメントする

シリア軍がダイル・ザウル市一帯などでダーイシュとの戦闘を続ける(2016年10月10日)

ダイル・ザウル県では、SANA(10月10日付)によると、シリア軍がダイル・ザウル航空基地一帯、ダイル・ザウル市パノラマ交差点一帯でダーイシュ(イスラーム国)と交戦した。 シリア軍はまた、パノラマ交差点一帯でダーイシュの … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力 | コメントする

ラタキア県北部でシャーム・ファトフ戦線(ヌスラ戦線)と「穏健な反体制派」が「アーシューラーの進攻」作戦と銘打って攻撃激化(2016年10月10日)

ラタキア県では、クッルナー・シュラカー(10月10日付)によると、シャーム・ファトフ戦線、シャーム軍団、シャームの鷹大隊、アンサール・ディーン戦線、アンサール・シャーム大隊、トルキスターン・イスラーム党、第1沿岸師団など … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力 | コメントする

自由シリア軍南部戦線が最近供与されたと思われる地対空ミサイルをダルアー県で使用(2016年10月10日)

ダルアー県では、シリア人権監視団によると、反体制武装集団が最近になって供与されたと思われるStrela SA-7地対空ミサイル(コブラ)および米国製TOW対戦車ミサイルの使用を開始した。 同監視団が複数の消息筋からの情報 … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力 | コメントする

リヤド最高交渉委員会は「平和的な政策志向」を有すると表明し、友好国に対空兵器の供与を求める(2016年10月10日)

リヤド最高交渉委員会は、サウジアラビアの首都リヤドで記者会見を開き、自らが「平和的な政策志向」を有していると表明、「穏健な反体制派」への対空兵器の供与を呼びかけた。 サーリム・ムスラト広報委員会委員長は記者会見で「我々は … 続きを読む

カテゴリー: 反体制勢力の動き | コメントする

アレッポ市東西両地区でシリア軍と「反体制派」の砲撃の応酬が続き、9月半ば以降の死者数は340人以上に(2016年10月10日)

アレッポ県では、AFP(10月10日付)によると、反体制武装集団(アレッポ・ファトフ軍作戦司令室)の支配下にあるアレッポ市東部内では、ブスターン・バーシャー地区(中部)、シャイフ・サイード地区(南部)、サーフール地区(東 … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き | コメントする