日別アーカイブ: 2016年10月6日

ロシア軍と思われる戦闘機がダーイシュによって掌握されていたダイル・ザウル市東部のスィヤーサ橋を爆撃し破壊(2016年10月6日)

ダイル・ザウル県では、ARA News(10月6日付)によると、ロシア軍と思われる戦闘機が、ダーイシュ(イスラーム国)によって掌握されていたダイル・ザウル市東部に架かるスィヤーサ橋を爆撃、これを破壊した。 ** ヒムス県 … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き | コメントする

アル=カーイダ系二組織、ジュンド・アクサー機構とシャーム自由人イスラーム運動が声明で非難の応酬(2016年10月6日)

ハマー県で、「マルワーン・ハディードの戦い」を主導するジュンド・アクサー機構は声明を出し、9月27日にシャームの民のヌスラ戦線(シャーム・ファトフ戦線)とともに同作戦に正式参加したシャーム自由人イスラーム運動に関して「敵 … 続きを読む

カテゴリー: 反体制勢力の動き | コメントする

トルコ国境でのダーイシュの自爆攻撃でヌスラ戦線と共闘するシャーム自由人、シャーム軍団の戦闘員ら29人が死亡(2016年10月6日)

イドリブ県では、『ハヤート』(10月7日付)などによると、トルコ国境のアティマ村にある国境通過所で、トルコ軍と有志連合の支援を受ける反体制武装集団の拠点に対して自爆攻撃が行われ、武装集団戦闘員29人が死亡した。 事件発生 … 続きを読む

カテゴリー: 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き | コメントする

トルコ軍と有志連合の支援を受ける武装集団がダービク村に近い要衝アフタリーン市をダーイシュから奪取(2016年10月6日)

アレッポ県では、クッルナー・シュラカー(10月6日付)によると、トルコ軍と有志連合の支援を受ける反体制武装集団がダーイシュ(イスラーム国)との戦闘の末、ダービク村に近い戦略的要衝のアフタリーン市を制圧した。   AFP, … 続きを読む

カテゴリー: 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き | コメントする

シリア軍がアレッポ市東部のブスターン・バーシャー地区の半分以上を制圧(2016年10月6日)

アレッポ県では、シリア人権監視団によると、シャーム・ファトフ戦線(シャームの民のヌスラ戦線)およびアレッポ・ファトフ軍作戦司令室を構成する反体制武装集団が、シリア軍および親政権民兵とアレッポ市ブスターン・バーシャー一帯で … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き | コメントする

アサド大統領「「穏健な反体制派」とは神話に過ぎない。政治的解決に至るにはまず「テロとの戦い」が必要だ。テロリストがシリア国内一部であっても支配することは受け入れられない」(2016年10月6日)

アサド大統領はデンマークのTV2のインタビューに応じた。 インタビューは英語で行われ、SANAがその映像(http://www.sana.sy/?p=440153)、英語全文(http://sana.sy/en/?p=8 … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き | コメントする

デミストゥラ・シリア問題担当国連特別代表はアレッポ市東部のヌスラ戦線戦闘員900人に同地区からの退去を呼びかける(2016年10月6日)

スタファン・デミストゥラ・シリア問題担当国連特別代表はスイスのジュネーブで記者団に対して、シリア国内各所で反体制武装集団を主導しているシャームの民のヌスラ戦線(シャーム・ファトフ戦線)に関して、アレッポ市東部から破壊し尽 … 続きを読む

カテゴリー: 諸外国の動き | コメントする

米主導の有志連合は5日にシリア領内で18回の空爆を実施(2016年10月6日)

米中央軍(CENTCOM)は、10月5日のシリア、イラク両国での有志連合の戦果をHPで発表した。 それによると、有志連合は両国領内のダーイシュ(イスラーム国)拠点などに対して27回の空爆を実施、このうちシリア領内での空爆 … 続きを読む

カテゴリー: 諸外国の動き | コメントする