日別アーカイブ: 2016年10月18日

アスマー大統領夫人がロシアのチャンネル24のインタビューに応じる:「欧米諸国は、紛争下にある子供たちを、彼らの親の政治的信念によって区別している」(2016年10月18日)

ロシアのチャンネル24(10月18日付)は、アスマー・アフラス大統領夫人と単独インタビューを行った。 アスマー夫人が外国メディアのインタビューに応じるのはこれが初めて。 インタビューは英語で行われ、映像はシリア大統領府が … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き | コメントする

シャーム・ファトフ戦線のオーストラリア人幹部が組織から離反し、「無所属」として活動を継続すると発表(2016年10月18日)

アレッポ市東部でアレッポ・ファトフ軍作戦司令室と共闘するアル=カーイダ系組織のシャーム・ファトフ戦線のオーストラリア人幹部のムスタファー・ムハンマド氏(アブー・スライマーン・ウストラーリー)は、英語で声明を出し、戦線を離 … 続きを読む

カテゴリー: 反体制勢力の動き | コメントする

アレッポ県北部でトルコ軍の支援を受けた反体制武装集団、ダーイシュ、そしてシャーム・ファトフ戦線がYPG主体のシリア民主軍を挟撃(2016年10月18日)

アレッポ県では、シリア人権監視団によると、トルコ軍の支援を受けた反体制武装集団(ハワール・キッリス作戦司令室)が南下を続ける県北部のウンム・クラー村、ウンム・フーシュ村一帯で、西クルディスタン移行期民政局人民防衛部隊主体 … 続きを読む

カテゴリー: 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き | コメントする

アレッポ・ファトフ軍作戦司令室所属組織は、アレッポ市東部からの退去を拒否、戦闘継続を主唱(2016年10月18日)

アレッポ市東部を支配下に置くアレッポ・ファトフ軍作戦司令室に所属する「穏健な反体制派」の「命じられるまま正しく進め」連合幹部のザカリヤー・マラーヒフジー氏は、シリア・ロシア両軍による人道停戦に関して、アレッポ市東部からの … 続きを読む

カテゴリー: 反体制勢力の動き | コメントする

ロシアのチュルキン国連大使「シャーム・ファトフ戦線には、アレッポから去るか、敗北するかしか選択肢はない」(2016年10月18日)

ロシアのヴィタリー・チュルキン国連大使は、シリア情勢に関する国連安保理での非公開会合後、シャーム・ファトフ戦線に関して「ヌスラ戦線には二つの選択肢しかない、アレッポから去るか、敗北するかだ」とするとともに、同戦線と共闘す … 続きを読む

カテゴリー: 諸外国の動き | コメントする

ロシア国防省は18日午前10時からロシア・シリア両軍の空爆を中止し、人道休戦を前倒しで発効すると発表(2016年10月18日)

ロシア国防省は声明を出し、ロシア、シリア両軍が、反体制武装集団(アレッポ・ファトフ軍作戦司令室)の支配下にとどまるアレッポ市東部への空爆を18日午前10時から中止すると発表した。 ロシアのセルゲイ・ショイグ国防大臣はロシ … 続きを読む

カテゴリー: 諸外国の動き | コメントする

ダイル・ザウル県でシリア軍とダーイシュが激しく交戦(2016年10月18日)

ダイル・ザウル県では、シリア人権監視団によると、戦闘機(所属明示せず)がダーイシュ(イスラーム国)の支配下にあるサブハ村を空爆、またダイル・ザウル市シャイフ・ヤースィーン地区、ハミーディーヤ地区、ハウィーカ地区、ダイル・ … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力 | コメントする

シリア軍はイスラーム軍の拠点ドゥーマー市(ダマスカス郊外県)包囲に向けて攻勢を強める(2016年10月18日)

ダマスカス郊外県では、シリア人権監視団によると、シリア軍、親政権武装勢力が東グータ地方のタッル・クルディー町、タッル・サワーン町一帯でイスラーム軍などからなる武装集団と交戦し、炭酸鉛工場一帯を制圧した。 また戦闘機(所属 … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き | コメントする

ダーイシュはイラクから逃走するメンバーの避難所を確保するため、ハサカ県マルカダ町からシリア人メンバーとその家族を排除(2016年10月18日)

ハサカ県では、ARA News(10月18日付)によると、同県におけるダーイシュ(イスラーム国)の最後の拠点としマルカダ町で、ダーイシュがシリア人戦闘員(アンサール)やその家族を排除し、イラクから逃走する戦闘員らの避難場 … 続きを読む

カテゴリー: 反体制勢力の動き, 国内の暴力 | コメントする

シリア軍総司令部は、米国とサウジアラビアがイラクからシリアへのダーイシュ戦闘員のために逃走経路を確保しようとしていると非難(2016年10月18日)

軍武装部隊総司令部は声明を出し、イラク軍および「予備部隊」(人民動員隊)によるモスル解放作戦を「我々の戦い」と位置づけ、支持を表明する一方、「米国およびサウジアラビアを筆頭とする国際テロ支援国家が、ダーイシュ(イスラーム … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き | コメントする

米主導の有志連合は17日にシャーム・ファトフ戦線が主導するファトフ軍支配下のイドリブ県で空爆したと発表(2016年10月18日)

米中央軍(CENTCOM)は、10月17日のシリア、イラク両国での有志連合の戦果をHPで発表した。 それによると、有志連合は両国領内のダーイシュ(イスラーム国)拠点などに対して25回の空爆を実施、このうちシリア領内での空 … 続きを読む

カテゴリー: 諸外国の動き | コメントする