シリア・ロシア両軍はダルアー市、ナスィーブ国境通行所制圧に向けて戦車部隊を増派(2017年5月31日)

ダルアー県では、クッルナー・シュラカー(5月31日付)によると、シャーム解放委員会などからなる反体制武装集団との戦闘が続くダルアー市マンシヤ地区方面に、シリア軍が戦車、装甲車などからなる増援部隊を派遣した。

増援部隊の派遣は3日前から本格化しているという。

一方、『ハヤート』(6月1日付)が複数の活動家の話として伝えたところによると、ダルアー市方面へのシリア軍戦車部隊の増派に合わせて、ロシア国旗を掲揚した戦車、装甲車の車列がダルアー市に入った。

この増援は、ヨルダン国境に位置するナスィーブ国境通行所制圧に向けた動きだという。

**

ダルアー県では、アフマド・ミスリーを名乗る活動家がクッルナー・シュラカー(6月1日付)に対して明らかにしたところによると、シリア軍の最新鋭戦車5輌、装甲車3輌、兵員輸送車8輌、乗用車25台からなる車列がダルアー市のシリア軍拠点に配備された。
車列はロシア軍国旗を掲揚して市内に入り、展開したという。
なお、ダルアー市内に入った増援部隊は第4師団所属部隊で、ガイス・ダラー大佐を司令官としているという。

AFP, May 31, 2017、AP, May 31, 2017、ARA News, May 31, 2017、Champress, May 31, 2017、al-Hayat, June 31, 2017、Kull-na Shuraka’, May 31, 2017、June 1, 2017、al-Mada Press, May 31, 2017、Naharnet, May 31, 2017、NNA, May 31, 2017、Reuters, May 31, 2017、SANA, May 31, 2017、UPI, May 31, 2017などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: シリア政府の動き, 諸外国の動き パーマリンク