ロシアのプーチン大統領「シリア軍によるダイル・ザウル市解囲によって現地情勢は根本的に変わり、アサド政権の優位は議論の余地がなくなった」(2017年9月5日)

ロシアのヴラジミール・プーチン大統領は、シリア軍によるダイル・ザウル市解囲を受けて「きわめて重要な戦略的勝利」と讃えた。

プーチン大統領は、記者団に対して「現地情勢は根本的に変わり、シリア軍に有利となった…。シリア政府支配地域はこの1~2年で数倍に拡大した…。ダイル・ザウル県での戦いが終われば、それはテロリストが大敗を喫したことを意味し、政府軍、そしてアサド政権の優位は議論の余地がなくなり、停戦と緊張緩和地帯を強化し、政治プロセスを開始するための次のステップが踏まれねばならない」と述べた。

また「我々はダーイシュ、ヌスラ戦線(シャーム解放委員会)、そしてそのほかのテロ組織が永遠に殲滅されたと言うことができるだろうか? それについて話すには依然として時期尚早だが、シリア領内の現地情勢の根本的は変化は現実のものとなった」と付言した。

プーチン大統領はまた、アサド大統領に対して祝電を送り、勝利を讃えた。

AFP, September 5, 2017、AP, September 5, 2017、ARA News, September 5, 2017、Champress, September 5, 2017、al-Hayat, September 6, 2017、Kull-na Shuraka’, September 5, 2017、al-Mada Press, September 5, 2017、Naharnet, September 5, 2017、NNA, September 5, 2017、Reuters, September 5, 2017、SANA, September 5, 2017、UPI, September 5, 2017などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: 諸外国の動き パーマリンク