トルコ軍に続き、ロシア軍もアレッポ県西部のマンナグ航空基地からYPGと革命家軍を撤退させ、同地に進駐(2017年10月20日)

スマート・ニュース(10月20日付)は、ロシア軍がアレッポ県西部のマンナグ航空基地に掲揚していた西クルディスタン移行期民政局人民防衛隊と同部隊とともにシリア民主軍を主導する革命家軍の旗を降ろしたと伝え、その映像(https://youtu.be/VS4yLeAQm8k)を公開した。

マンナグ航空基地は、西クルディスタン移行期民政局の拠点都市アフリーン市の東約10キロに位置し、2016年2月にシリア民主軍(人民防衛隊、革命家軍)が、トルコの支援を受ける反体制武装集団を放逐して制圧していた。

「自由シリア軍」匿名筋がスマート・ニュースに明らかにしたところによると、ロシア軍のヘリコプター3機はマンナグ航空基地に飛来し、シリア民主軍の迎撃を受けると、同地ではなく西クルディスタン移行期民政局の支配下にあるアレッポ市北部のタッル・リフアト市に着陸した。

また、ロシア軍の車列がタッル・リフアト市に入り、これを受けるかたちで、シリア民主軍がマンナグ航空基地から撤退、ロシア軍が同地の拠点に掲げられていた人民防衛隊と革命家軍の旗を降ろし、同地に進駐したという。

なお、ロシア軍ヘリコプターの飛来と時をほぼ同じくして、トルコ軍のヘリコプター複数機がアレッポ県東部のバーブ市も飛来しており、ロシア軍の動きはトルコ軍と連携して行われた可能性が高いという。

SMART News, October 20, 2017

AFP, October 20, 2017、ANHA, October 20, 2017、AP, October 20, 2017、ARA News, October 20, 2017、Champress, October 20, 2017、al-Hayat, October 21, 2017、Kull-na Shuraka’, October 20, 2017、al-Mada Press, October 20, 2017、Naharnet, October 20, 2017、NNA, October 20, 2017、Reuters, October 20, 2017、SANA, October 20, 2017、SMART News, October 20, 2017、UPI, October 20, 2017などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: 諸外国の動き パーマリンク