イドリブ県でシャーム解放委員会の幹部2人が殺害(2017年10月23日)

イドリブ県では、クッルナー・シュラカー(10月23日付)によると、マアッラト・ヌウマーン市の住民が、同市近郊の農地に遺棄されていた男性の遺体を発見した。

ホワイト・ヘルメットが検死した結果、この男性はアル=カーイダ系組織のシャーム解放委員会のハサン・バックール氏であることが判明したという。

また、トルコ国境に近いダーナー市では、シャーム解放委員会所属のアンサール・ディーン大隊の車が道路脇に仕掛けられていた爆弾の爆発に巻き込まれ、乗っていたムスタファー・ザフリー司令官が死亡した。

ザフラー氏はシャーム戦線のメンバーだったが、最近になってシャーム解放委員会に合流していた。

**

ハマー県では、イバー通信(10月23日付)によると、シャーム解放委員会は県東部でダーイシュ(イスラーム国)と戦闘を続け、アブー・ラッファ村を新たに制圧した。

**

イバー通信(10月23日付)は、アル=カーイダ系組織のシャーム解放委員会消息筋の話として、同委員会がラタキア県ラビーア町近郊でシリア軍部隊を要撃、将兵7人を殺害したと伝えた。

AFP, October 23, 2017、ANHA, October 23, 2017、AP, October 23, 2017、ARA News, October 23, 2017、Champress, October 23, 2017、al-Hayat, October 24, 2017、Kull-na Shuraka’, October 23, 2017、al-Mada Press, October 23, 2017、Naharnet, October 23, 2017、NNA, October 23, 2017、Reuters, October 23, 2017、SANA, October 23, 2017、UPI, October 23, 2017、Wikalat al-Iba’ al-Ikhbariya, October 23, 2017などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: 反体制勢力の動き, 国内の暴力 パーマリンク