ダマスカス郊外県東グータ地方にUNHCRとシリア赤新月社が緊急支援物資を搬入(2017年10月30日)

ダマスカス郊外県では、SANA(10月30日付)、AFP(10月30日付)などによると、ラフマーン軍団やイスラーム軍などの反体制武装集団の支配下にある東グータ地方にUNHCRとシリア赤新月社の合同チームが緊急支援物資を搬入した。

搬入されたのは貨物車輌49台分(食料8,000パックなど)の物資で、ハムーリーヤ市、アイン・タルマー村、ジスリーン町、サクバー市、アフタリース村、バイト・サワー村、ハッザ町、ムハンマディーヤ町、カフルバトナー町、ドゥーマー市、マルジュ・スルターン村などで配給される。

緊急支援はまたヒムス県北部に対しても行われたという。

SANA, October 30, 2017

AFP, October 30, 2017、ANHA, October 30, 2017、AP, October 30, 2017、ARA News, October 30, 2017、Champress, October 30, 2017、al-Durar al-Shamiya, October 30 2017、al-Hayat, October 31, 2017、al-Mada Press, October 30, 2017、Naharnet, October 30, 2017、NNA, October 30, 2017、Reuters, October 30, 2017、SANA, October 30, 2017、UPI, October 30, 2017などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: シリア政府の動き, 諸外国の動き パーマリンク