アレッポ県ジャラーブルス市でトルコの支援を受ける武装集団が会合を開き、ロジャヴァへの対応などを協議(2017年10月30日)

アレッポ県では、ANHA(10月30日付)によると、トルコ軍とその支援を受ける反体制武装集団(ハワール・キッリス作戦司令室、「家の者たち」作戦司令室)の実効支配(占領支配)下にあるジャラーブルス市で、反体制武装集団の幹部数十人が一同に介し、シリア北部の防衛、西クルディスタン移行期民政局への対応などについて意見を交わした。

アブドゥルジャッバール・アカイディー氏らも参加した会合の会場には、革命旗(委任統治領シリアの国旗)とともに、トルコ国旗が掲げられるとともに、審議の一部はトルコ語で行われ、ユーフラテス川以東のジャズィーラ地方について、「純粋にアラブの島(ジャズィーラ)」といった意見が行われたという。

ANHA, October 30, 2017

ANHA, October 30, 2017

AFP, October 30, 2017、ANHA, October 30, 2017、AP, October 30, 2017、ARA News, October 30, 2017、Champress, October 30, 2017、al-Durar al-Shamiya, October 30 2017、al-Hayat, October 31, 2017、al-Mada Press, October 30, 2017、Naharnet, October 30, 2017、NNA, October 30, 2017、Reuters, October 30, 2017、SANA, October 30, 2017、UPI, October 30, 2017などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: 反体制勢力の動き, 諸外国の動き パーマリンク