トルコ軍およびその支援を受ける反体制武装集団はロジャヴァ拠点都市アフリーン市近郊の村々への砲撃を続ける(2017年10月31日)

アレッポ県では、ANHA(10月31日付)によると、トルコ軍が反体制武装集団とともにシリア領内に侵攻し、西クルディスタン移行期民政局の拠点都市アフリーン市近郊の村々を重火器で砲撃、オリーブの樹木多数を伐採した。

ANHAによると、トルコ軍とその支援を受ける反体制武装集団は、10月2、3、6、12、13、14、15、16、17、18、19、20、21、22、23、24、25、26、27、28、29日に、アフリーン市一帯への砲撃、樹木伐採、防護壁の建設などの行為を繰り返しているという。

AFP, October 31, 2017、ANHA, October 31, 2017、AP, October 31, 2017、ARA News, October 31, 2017、Champress, October 31, 2017、al-Durar al-Shamiya, October 31, 2017、al-Hayat, November 1, 2017、al-Mada Press, October 31, 2017、Naharnet, October 31, 2017、NNA, October 31, 2017、Reuters, October 31, 2017、SANA, October 31, 2017、UPI, October 31, 2017などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き パーマリンク