日別アーカイブ: 2015年10月3日

ダルアー県で反体制武装集団メンバー450人、民間人法律違反者250人が集団投降、「解放区」の自治失敗などが要因(2015年10月3日)

SANA(10月3日付)などは、ダルアー県のイズラア市で、反体制武装集団メンバー約450人が治安当局に投降し、武器を引き渡したと伝えた。 投降した戦闘員はその後、放免となったという。 SANAはまた、このほかにもダルアー … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力 | コメントする

ラタキア県北部にシリア軍戦闘機1機が墜落(2015年10月3日)

ARA News(10月4日付)は、ラタキア県トルクメン山(ラビーア町一帯)に、シリア軍戦闘機1機が墜落したと伝えた。 イドリブ県で活動するファトフ軍の前線司令官の一人、ムハンマド・ナスル氏によると、「反体制武装組織は、 … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力 | コメントする

シリア・ムスリム同胞団「ロシアへの防衛ジハードは義務」(2015年10月3日)

シリア・ムスリム同胞団は声明を出し、ロシア軍によるシリア領内での空爆開始を受け、ロシアに対するジハードを呼びかけた。 声明において、同胞団は「我々は今日、防衛ジハードが、武器を手にすることができるすべての者にとっての義務 … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き | コメントする

ヒムス県タドムル市一帯でダーイシュ(イスラーム国)が女性住民にメンバーとの結婚を強要し、避難民が急増(2015年10月3日)

ヒムス県では、ARA News(10月3日付)は、ダーイシュ(イスラーム国)によって支配されているタドムル市一帯からの避難民が「異常」に増加していると伝えた。 これに関して、マーヒル・アブー・タイイバを名乗る地元の活動家 … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き | コメントする

クナイトラ県で、元ヌスラ戦線司令官のシャーム自由人イスラーム運動司令官がアフマル丘一帯での戦闘で戦死(2015年10月3日)

クナイトラ県では、「堪え忍ぶ者たちに吉報をもたらせ」合同作戦司令室は、クナイトラ県北部での作戦の第2段階を開始し、アフマル丘を制圧したと発表した。 この戦闘では、クッルナー・シュラカー(10月3日付)によると、アフマル丘 … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力 | コメントする

ロシア軍がシリア軍の支援を受け、イドリブ県、ハマー県、ラッカ県での空爆を続け、クッルナー・シュラカーによるとイドリブ県で一家9人を含む11人が死亡(2015年10月3日)

SANA(10月3日付)によると、シリア軍の支援を受けたロシア空軍戦闘機がイドリブ県、ハマー県、ラッカ県で前日に引き続き、空爆を実施した。 ロシア国防省のイゴール・コナシンコフ報道官によると、ロシア空軍は過去24時間で9 … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き | コメントする

ロシア軍参謀本部「30日に開始されたシリア領内59カ所以上に対する60回以上の空爆で、ダーイシュ(イスラーム国)などテロ組織のインフラを破壊、600人の残党が欧州に向けて逃亡しようとしている」(2015年10月3日)

ロシア軍参謀本部は、9月30日に開始されたロシア空軍によるシリア領内での空爆に関して、59カ所以上の標的を60回以上にわたり空爆し、ダーイシュ(イスラーム国)をはじめとする国際テロ組織のインフラを破壊したと発表した。 ま … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き | コメントする

ハンガリーのシーヤールトー外相「移民問題とシリア和平はロシアの協力が必要」(2015年10月3日)

シーヤールトー・ペーテル・ハンガリー外務貿易大臣はAFP(10月3日付)に対し、シリアの紛争および欧州における難民・移民問題を解決するため、ロシアと協力するよう呼びかけた。 シーヤールトー外務貿易大臣は「移民の根本原因に … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き | コメントする

「ダーイシュ(イスラーム国)との戦い」の名のもとにPKKへの攻撃を続けるトルコのエルドーアン大統領は、ロシアがダーイシュでなく反体制派を攻撃していると批判、シリア空爆の再考を求める(2015年10月3日)

トルコのレジェップ・タイイップ・エルドアン大統領はカタールの衛星テレビ局ジャズィーラ・チャンネル(10月3日付)に対して、ロシアのヴラジミール・プーチン大統領はシリア領内でのロシア軍による空爆によって民間人数十人が犠牲に … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き | コメントする

フランスのオランド大統領「ダーイシュ(イスラーム国)のみを空爆すべきとロシアに伝える」(2015年10月3日)

フランスのフランソワ・オランド大統領は、2日に開催されたウクライナ和平協議に出席するためにパリを訪問中のロシアのヴラジミール・プーチン大統領との会談後の記者会見で、ロシア軍によるシリア領内での空爆に関して、プーチン大統領 … 続きを読む

カテゴリー: 諸外国の動き | コメントする

ファロン英国防相「ロシア軍の空爆のうち、ダーイシュ(イスラーム国)を標的としているのは全体の5%だけ」(2015年10月3日)

英国のマイケル・ファロン国防大臣は、『サン』(10月3日付)のインタビューに応じ、そのなかでロシア軍によるシリア領内での空爆に関して、「彼ら(ロシア軍)は、民間人の居住地域に爆弾を投下し、民間人を殺害している…。彼らはア … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き | コメントする