日別アーカイブ: 2015年10月4日

アサド大統領がイランのテレビ局のインタビューに応じる「トルコ、ヨルダン、カタール、サウジアラビアといった国に圧力をかけ、シリアへのテロリスト、武器、資金の流れを止めることだ…。テロ支援が止まれば、ほとんどの難民はただちに帰国するだろう…。テロを支援する国がいては、政治的解決は実現し得ない」(2015年10月4日)

シリアのアサド大統領はイランのテレビ局ハバル・ネットの単独インタビュー(https://www.youtube.com/watch?v=SSqOCuPfpWk)に応じた。 インタビューにおけるアサド大統領の主な発言は以下 … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き | コメントする

オバマ米大統領は国防総省にシリア国内の「穏健な反体制派」への武器供与を命令(2015年10月4日)

『ニューヨーク・タイムズ』(10月4日付)は、複数の米政府高官の話として、バラク・オバマ米大統領が、国防総省に対して、シリア国内で活動している「穏健な反体制派」への装備(そしておしらくは武器)を直接供与するよう命じるとと … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き | コメントする

トルコのエルドーアン大統領「「樽爆弾」が降り注いでいる土地に無垢の人々を送り返すことなどできない」(2015年10月4日)

トルコのレジェップ・タイイップ・エルドアン大統領は、欧州へのシリア人難民・移民らの流入問題への対応についてEU・NATO高官と協議するため、ベルギーのブリュッセルを訪問し、シリア情勢に関して「「樽爆弾」が降り注いでいる土 … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き | コメントする

シリア・ムスリム同胞団「ロシアの占領に対する抵抗は合法的義務」(2015年10月4日)

トルコで活動するシリア・ムスリム同胞団は、ロシア軍によるシリア領内での空爆開始を受け、ロシアに対するジハードを宣言した。 同胞団のウマル・ムシャウフィフ広報局長は「我々同胞団は今、ロシア軍の介入と民間人への空爆により、ロ … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き | コメントする

アル=カーイダとの関係を否定するシャーム自由人イスラーム運動のロケット・砲兵旅団がアル=カーイダ系組織のヌスラ戦線に忠誠を誓う(2015年10月4日)

クッルナー・シュラカー(10月4日付)は、アル=カーイダ系組織のシャームの民のヌスラ戦線に近い複数のツイッター・アカウントからの情報として、シャーム自由人イスラーム運動のロケット・砲兵旅団が離反し、ヌスラ戦線に忠誠(バイ … 続きを読む

カテゴリー: 反体制勢力の動き | コメントする

民主的変革諸勢力国民調整委員会の幹部ムンズィル・ハッダーム氏が一時身柄拘束(2015年10月4日)

AFP(10月4日付)などによると、シリアの治安当局は、国内で活動を続ける反体制派の民主的変革諸勢力国民調整委員会の幹部ムンズィル・ハッダーム氏を一時身柄拘束した。 民主的変革諸勢力国民調整委員会筋によると、ハッダーム氏 … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き | コメントする

ドイツのメルケル首相「反体制派、シリア政府、諸外国などすべての代表者の政治プロセスへの参加が必要」(2015年10月4日)

ドイツのアンゲラ・メルケル首相は、ドイツのラジオ局に対して、2日にウクライナ和平協議が開催されたパリで、ロシアのヴラジミール・プーチン大統領とシリア情勢について意見を交わし、プーチン大統領に「軍事的努力は必要だが、それだ … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き | コメントする

チュニジアが米主導の有志連合への参加を表明(2015年10月4日)

チュニジアのハビーブ・スィード首相は、記者会見で「チュニジアはダーイシュ(イスラーム国や…過激派と戦う有志連合に参加する…。我々がテロとの戦いを行っているという事情を踏まえ、有志連合への参加は、チュニジアに関わる…情報交 … 続きを読む

カテゴリー: 諸外国の動き | コメントする

キャメロン英首相「ロシアのシリア空爆は決定的な誤り」(2015年10月4日)

デヴィッド・キャメロン英首相は、BBC(10月3日付)に対し、ロシア軍によるシリア領内での空爆を「決定的な誤り」と非難、「事態をさらに悪化させるだろう」と述べた。 キャメロン英首相は「ロシアがISIL(ダーイシュ(イスラ … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き | コメントする

エジプトのシュクリー外相はロシア軍によるシリア空爆への支持を表明(2015年10月4日)

エジプトのサーミフ・シュクリー外務大臣は、UAEの衛星テレビ局アラビーヤ(10月4日付)に対して、ロシア軍によるシリア空爆がシリア国内の「テロとの戦い」に貢献するだろうと述べ、支持を表明した。 シュクリー外務大臣は、「( … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き | コメントする

シリア軍は、ロシア軍の空爆と並行して、ハマー県、イドリブ県、ラタキア県、ヒムス県などでファトフ軍の拠点を攻撃・空爆(2015年10月4日)

ハマー県では、シリア人権監視団によると、シリア軍は、ザカート村一帯、バッサ村を砲撃した。 一方、SANA(10月4日付)によると、シリア軍がアクラブ町で、シャームの民のヌスラ戦線などからなるジハード主義武装集団の拠点を集 … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力 | コメントする

アレッポ市内でYPGとアル=カーイダ系のヌスラ戦線が交戦(2015年10月4日)

アレッポ県では、シリア人権監視団によると、アレッポ市ブスターン・バーシャー地区、シャイフ・マクスード地区周辺で、西クルディスタン移行期民政局人民防衛部隊がアル=カーイダ系組織のシャームの民のヌスラ戦線などからなるジハード … 続きを読む

カテゴリー: 反体制勢力の動き, 国内の暴力 | コメントする