日別アーカイブ: 2015年10月30日

米主導の有志連合はシリア領内で7回の空爆を実施(2015年10月30日)

米中央軍(CENTCOM)は、10月30日にシリア、イラク領内のダーイシュ(イスラーム国)拠点などに対して21回の空爆を行ったと発表した。 このうちシリア領内での空爆は7回、フール町近郊(2回)、ラッカ市近郊(1回)、ダ … 続きを読む

カテゴリー: 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き | コメントする

イスラエル軍戦闘機がダマスカス郊外県東部にあるシリア軍とヒズブッラーの拠点複数カ所を越境空爆(2015年10月30日)

クッルナー・シュラカー(10月31日付)は、イスラエル軍戦闘機がダマスカス郊外県カラムーン地方(レバノン国境地帯)にあるシリア軍とヒズブッラーの拠点複数カ所に対して越境空爆を行ったと伝えた。 現地の複数の消息筋によると、 … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 諸外国の動き | コメントする

ラッカ県で活動していたシリア人活動家2人の斬首体がトルコのシャンウルファ市で発見される(2015年10月30日)

クッルナー・シュラカー(10月30日付)などによると、「ラッカは沈黙のうちに惨殺される」(http://www.raqqa-sl.com/)の活動家2人、イブラーヒーム・アブドゥルカーディル氏とファーリス・ハマーディー氏 … 続きを読む

カテゴリー: 諸外国の動き | コメントする

スワイダー県でシリア軍がダーイシュ(イスラーム国)と交戦、アレッポ県北部ではシャーム戦線がダーイシュと交戦(2015年10月30日)

スワイダー県では、SANA(10月30日付)によると、シリア軍が人民防衛諸集団とともにカスル村、サアド遺跡でダーイシュ(イスラーム国)の拠点を攻撃し、複数の戦闘員を殺傷、拠点・装備を破壊した。 ** アレッポ県では、AR … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き | コメントする

シリア軍がドゥーマー市(ダマスカス郊外県)、アレッポ市各所を空爆・砲撃し、70人以上が死亡、150人以上が負傷(2015年10月30日)

ダマスカス郊外県では、シリア人権監視団やシリア民間防衛団などによると、ドゥーマー市へのシリア軍の砲撃により、57人が死亡、100人が負傷した(マサール・プレス(10月30日付)によると55人が死亡、200人以上が負傷、ク … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き | コメントする

オバマ米大統領はシリア北部に米特殊部隊隊員50人弱の派遣を許可、シリア民主軍の支援が目的か(2015年10月30日)

AFP(10月30日付)は、米政府高官の話として、バラク・オバマ米大統領が、シリア北部でのダーイシュ(イスラーム国)との戦闘に米特殊部隊隊員50人弱を派遣することを許可したと伝えた。 派遣される米特殊部隊は、西クルディス … 続きを読む

カテゴリー: 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き | コメントする

ロシア軍のシリア空爆は1ヶ月で1,391回の出撃回数に及び、1,623の目標を破壊:ロシア軍が無差別空爆を行っているとの報道は「作り話」(2015年10月30日)

ロシア国防省は9月30日から10月29日までの1ヶ月間でのシリア領内でのダーイシュ(イスラーム国)やシャームの民のヌスラ戦線などのテロ組織に対する空爆作戦の成果を発表した。 それによると、過去1ヶ月でのロシア軍の出撃回数 … 続きを読む

カテゴリー: 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き | コメントする

ロシアのボグダノフ外務大臣は、米、ロシア、サウジアラビア、トルコの4カ国外相会合で、シリア政府との和平交渉でロシアが招集できる反体制派の代表38人のリストを開示(2015年10月30日)

ロシアのセルゲイ・ボグダノフ外務副大臣は、オーストリアの首都ウィーンでの17カ国外相会合に先だって開かれた米、ロシア、サウジアラビア、トルコの4カ国外相会合で、シリア政府との和平交渉においてロシア政府が招集できる反体制派 … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き | コメントする

ウィーンでの17カ国外相会談で、ダーイシュ(イスラーム国)などのテロ組織の打倒を目指す共同声明を発表、アサド政権の進退には言及せず(2015年10月30日)

オーストリアの首都ウィーンで、米、ロシア、サウジアラビア、トルコ、エジプト、フランス、ドイツ、イラン、イラク、イタリア、ヨルダン、レバノン、オマーン、カタール、UAE、英国、EUの外務大臣、中国の外務副大臣、そしてスタフ … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き | コメントする