日別アーカイブ: 2015年10月2日

チェチェン共和国のカディロフ大統領がプーチン大統領の要請を受け、シリアへの派兵を決定(2015年10月2日)

『ハヤート』(10月3日付)は、チェチェン共和国(ロシア連邦)のラムザン・カディロフ大統領が、ロシア軍が開始したシリア領内での空爆に関して、ヴラジミール・プーチン大統領の要請に応じ、「ダーイシュ(イスラーム国)と戦うため … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き | コメントする

シリア軍がクナイトラ県で反体制武装集団との戦闘を続ける(2015年10月2日)

クナイトラ県では、SANA(10月2日付)によると、シリア軍が人民防衛諸組織とともに、ハミーディーヤ村、ウーファーニヤー村、アブー・シャッタ村でシャームの民のヌスラ戦線などからなるジハード主義武装集団と交戦し、複数の戦闘 … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力 | コメントする

ロシア軍、シリア軍がアレッポ県、イドリブ県、ハマー県、ラッカ県、ラタキア県のダーイシュ(イスラーム国)など「国際テロ組織」への空爆を続ける(2015年10月2日)

アレッポ県、イドリブ県、ハマー県、ラッカ県では、SANA(10月2日付)によると、シリア空軍の支援を受けたロシア空軍戦闘機が、ダーイシュ(イスラーム国)の司令部複数カ所、武器庫複数棟、車輌数十輌を空爆、破壊した。 これに … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き | コメントする

潘国連事務総長、国際テロ組織のみを空爆の標的とするようロシアに要請(2015年10月2日)

潘基文国連事務総長は声明を出し、ロシア軍によるシリア領内での空爆開始に関して、国連の諸決議において「テロ組織」と認定された勢力のみに空爆を限定し、民間人の犠牲を回避するよう努めるよう求めた。 AFP, October 2 … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き | コメントする

シリア国民連合がアル=カーイダ系組織などとともに、国連安保理議長声明で承認されたデミストゥラ・シリア問題担当国連アラブ連盟共同特別代表提案の作業グループを拒否(2015年10月2日)

シリア革命反体制勢力国民連立は声明を出し、スタファン・デミストゥラ・シリア問題担当国連アラブ連盟共同特別代表が提案し、国連安保理議長声明(S/PRST/2015/15)で設置への支持が表明された、シリア紛争解決に向けた四 … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き | コメントする

ムアッリム外務在外居住者大臣が国連総会で演説「空爆はシリア国内でテロと戦う唯一の勢力であるシリア・アラブ軍との協力がなされない限りは無駄なものとなる」(2015年10月2日)

ワリード・ムアッリム外務在外居住者大臣が国連総会で一般討論演説を行った。 SANA(10月2日付)が伝えた。 ムアッリム外務在外居住者省の主な発言は以下の通り: 「安保理が国連憲章第7章に基づいて採択した(テロとの戦いに … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き | コメントする

マレーシアのラザク首相はシリア人難民3,000人の受け入れを表明(2015年10月2日)

マレーシアのナジブ・ラザク首相は、国連総会で一般討論演説を行い、シリア人難民3,000人を受け入れる用意があると述べた。 ARA News(10月2日付)などが伝えた。 AFP, October 2, 2015、AP, … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き | コメントする

ダイル・ザウル県内でダーイシュ(イスラーム国)とムーハサン市住民の対立が激化(2015年10月2日)

ダイル・ザウル県では、ARA News(10月2日付)は、複数の消息筋の話として、ムーハサン市で、ダーイシュ(イスラーム国)メンバーと、ダーイシュに追従していた同市の指導者との間で対立が激化し、ダーイシュと部族民兵の交戦 … 続きを読む

カテゴリー: 反体制勢力の動き, 国内の暴力 | コメントする

南部戦線(自由シリア軍)「ロシア軍とイラン軍への攻撃は我々の部隊にとって合法的な標的」(2015年10月2日)

ダルアー県で活動する南部戦線(自由シリア軍)は、ロシア軍によるシリア領内での空爆開始を受けて声明を出し、「ロシア、イラン両政府はシリア国民の真の敵」としたうえで、占領への抵抗を保障した国際法に基づき「ロシア軍とイラン軍へ … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き | コメントする

オバマ米大統領「「穏健な反体制派」への軍事教練の失敗は、彼らが「樽爆弾」の攻撃を受けており、ダーイシュとの戦闘に集中できないため」(2015年10月2日)

バラク・オバマ米大統領は記者会見で、ロシアがダーイシュ(イスラーム国)と「イスラーム教スンナ派の反体制派!」を区別せずに空爆していると述べた。 また「穏健な反体制派」への軍事教練の失敗に関して、彼らが「樽爆弾」の攻撃を受 … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き | コメントする

菅官房長官「仮にロシアがダーイシュ以外の対象を攻撃したのが事実であれば、シリア情勢のさらなる悪化につながり、懸念せざるを得ない」(2015年10月2日)

菅義偉官房長官は2日午前の記者会見で、ロシアがシリア領内で開始した空爆について、米国が「無差別な軍事作戦だ」と批判したことに関連して、「仮にロシアがダーイシュ以外の対象を攻撃したのが事実であれば、シリア情勢のさらなる悪化 … 続きを読む

カテゴリー: 諸外国の動き | コメントする

ロシア軍が「無差別空爆」しているとされるシリアの反体制派とは?:『国際情勢紀要』所収論考(PDF版)より

青山弘之「シリア反体制武装勢力の同質性と異質性:アル=カーイダ系組織、ジハード主義者、「穏健な反体制派」」 『国際情勢紀要』第85号(http://www.sekaiseikei.or.jp/kokujo2014.pdf … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き | コメントする