日別アーカイブ: 2015年10月22日

ロシアのプーチン大統領はYPGにシリア軍、ロシア軍との共闘を呼びかける:米国務省はシリア軍とYPGの共闘を拒否(2015年10月22日)

ロシアのヴラジミール・プーチン大統領は、ソチ市で開かれた戦争と平和に関する会議で、シリア情勢に言及、そのなかで21日のアサド大統領のモスクワ電撃訪問に関して「アサド大統領は、反体制武装勢力の一部が、対話とダーイシュ(イス … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き | コメントする

有志連合はシリア領内で1回の空爆を実施(2015年10月22日)

米中央軍(CENTCOM)は、10月22日にシリア、イラク領内のダーイシュ(イスラーム国)拠点などに対して16回の空爆を行ったと発表した。 このうちシリア領内での空爆は1回、マーリア村近郊のダーイシュに対して攻撃が行われ … 続きを読む

カテゴリー: 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き | コメントする

有志連合がハサカ県シャッダーディー市のダーイシュ拠点を空爆(2015年10月22日)

ハサカ県では、ARA News(10月22日付)によると、有志連合がシャッダーディー市のダーイシュ(イスラーム国)拠点複数カ所を空爆した。 ** ダイル・ザウル県では、ARA News(10月23日付)が、サラーイッディ … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き | コメントする

シリア軍が、ダマスカス郊外県東グータ地方、ヒムス県北部、ラタキア県北部、アレッポ市南部で反体制武装集団への攻勢を続け、支配地域を拡大(2015年10月22日)

ダマスカス郊外県では、シリア・アラブ軍報道官によると、シリア軍部隊がダマスカス郊外県東グータ地方のハラスター市マジュバル地区、ヌーラ村を制圧した。 一方、シリア人権監視団によると、シリア軍とジハード主義武装集団がダーヒヤ … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力 | コメントする

ロシア軍は53回の出撃でシリア国内のテロ関連施設72カ所を破壊(2015年10月22日)

ロシア国防省は、ロシア軍が過去24時間で53回の出撃を行い、ハマー県、イドリブ県、ラタキア県、ダマスカス郊外県、アレッポ県、ダイル・ザウル県で、ダーイシュ(イスラーム国)など国際テロ組織の72の施設を破壊したと発表した。 … 続きを読む

カテゴリー: 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き | コメントする

ハサカ市でアサド大統領のモスクワ電撃訪問を支持するデモ(2015年10月22日)

ハサカ県では、ARA News(10月23日付)によると、ハサカ市内で、アサド大統領のモスクワ電撃訪問への支持を表明するデモが行われ、政府支持者らが参加した。 AFP, October 22, 2015、AP, Octo … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き | コメントする

赤十字国際委員会「ロシアの空爆で一部地域への支援が困難となり、避難民も発生している」(2015年10月22日)

赤十字国際委員会(ICRC)中東北アフリカ事業局長であるロバート・マルディニ氏は、AFP(10月22日付)に対し、ロシア軍のシリア領内での空爆に関して、「空爆によって、我々が一部地域に入ることがより困難になっている」と述 … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き | コメントする

サウジアラビアのジュバイル外務大臣の夢想「最善のシナリオは、朝目覚めたら、アサドがシリアにいないというものだ」(2015年10月22日)

サウジアラビアのアーディル・ジュバイル外務大臣は、22日で行われる予定の米・ロシア・サウジアラビア・トルコの外相会談に参加するため、オーストリアのウィーンに入った。 ジュバイル外務大臣は、ロシアのシリアへの軍事介入に関し … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き | コメントする

ロシアのラヴロフ外務大臣「シリアの危機解決には、イラン、エジプト、カタール、UAE、ヨルダンの参加も不可欠」(2015年10月22日)

ロシアのセルゲイ・ラヴロフ外務大臣は、22日にオーストリアのウィーンで開催される米、サウジアラビア、トルコの外務大臣との会談に関連して、「イラン、エジプト、カタール、UAE、ヨルダンの参加が、シリアでの危機を解決するのに … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き | コメントする

ロシア大統領府報道官「ロシア軍の作戦はテロに対するもので、スンナ派を狙ったものではなく、アサド政権を支援するためのものでもない」(2015年10月22日)

ロシア大統領府のドミトリー・ペスコフ報道官は、ロシア軍によるシリア領内での軍事作戦に関して「テロに対するもので、スンナ派を狙っておらず、またアサド大統領を支援するためのものでもない」と述べた。 また「多様性を有するシリア … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き | コメントする