日別アーカイブ: 2015年10月1日

イラン兵士数百人がシリア国内で本格化するとされている地上作戦に向けてシリアに派遣か?(2015年10月1日)

ARA News(10月2日付)は、複数の反体制筋、外交筋が、イラン兵士数百人が、シリア国内で本格化するとされている地上作戦を支援するために、シリアに派遣されたと主張している、と伝えた。 AFP, October 2, … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き | コメントする

シリア・イスラーム評議会「ロシアとの戦いはもっとも偉大なジハード」(2015年10月1日)

トルコで活動するシリア・イスラーム評議会は声明を出し、ロシア軍がシリア領内での空爆を開始したことに関して「あからさまな内政干渉、侵略行為」と非難、「暴君を救済するため…攻撃と殺戮を行う占領軍であるロシア」に対して、「すべ … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き | コメントする

ドイツのメルケル首相「シリアの内戦はロシアの支援なしに終わらせることはできない」(2015年10月1日)

ドイツのアンゲラ・メルケル首相は、ドイツ統一25周年の祝典で演説を行い、シリア情勢に関して「シリアの内戦はロシアの支援なしに終わらせることはできない」と述べた。 メルケル首相は「シリア情勢は…ロシアがいて始めて解決し、ロ … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き | コメントする

サウジのジュバイル外相「アサドがいない移行期統治評議会を設置することによってのみ、シリアの危機を終わらせることができる」(2015年10月1日)

サウジアラビアのアーディル・ジュバイル外務大臣は国連総会で一般討論演説を行い、シリア情勢に関して「ジュネーブ合意に基づいた政治的解決を通じて、アサドがいない移行期統治評議会を設置することによってのみ、シリアの危機を終わら … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き | コメントする

ラッカ革命家旅団はダーイシュ(イスラーム国)との戦いに向け「部族軍」を結成(2015年10月1日)

ユーフラテスの火山作戦司令室に参加するラッカ革命家旅団は声明を出し、ラッカ県タッル・アブヤド市一帯のアラブ人部族とともに「部族軍」を結成し、ラッカ県でのダーイシュ(イスラーム国)との戦闘を継続すると発表した。 AFP, … 続きを読む

カテゴリー: 反体制勢力の動き, 国内の暴力 | コメントする

米英仏独、トルコ、サウジ、カタールが共同声明でロシア軍のシリアでの空爆開始を批判(2015年10月1日)

米国、英国、フランス、ドイツ、トルコ、サウジアラビア、カタールは共同声明を出し、ロシア軍によるシリア領内の空爆開始によって、シリア情勢がさらに悪化すると批判した。 声明はトルコ外務省を通じて発表され、「ロシア軍のシリアで … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き | コメントする

ムアッリム外務在外居住者大臣がニューヨークでロシア、北朝鮮、キューバ、インド、アルジェリア、オマーンの外相と相次いで会談(2015年10月1日)

ワリード・ムアッリム外務在外居住大臣(兼副首相)は、国連総会出席のために訪問中の米ニューヨークで、ロシアのセルゲイ・ラヴロフ外務大臣、北朝鮮の李洙墉外務大臣、キューバのブルーノ・ロドリゲス・パリージャ外務大臣、インドのス … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き | コメントする

ドイツのシュタインマイヤー外務大臣「我々は行動をもってアサドの独裁体制の蛮行を止めねばならない」(2015年10月1日)

ドイツのフランク=ヴァルター・シュタインマイヤー外務大臣は国連総会で一般討論演説を行った。 シリア情勢に関してシュタインマイヤー外務大臣は以下のように述べた。 「殺戮には終わりがない…。我々はそれをともに行動することによ … 続きを読む

カテゴリー: その他 | コメントする

シリア国民連合はロシアのシリア空爆を「主権侵害」「国際法違反」と非難(2015年10月1日)

トルコのイスタンブールで活動するシリア革命反体制勢力国民連立は声明を出し、ロシア軍によるシリア領内での空爆に関して、「主権侵害」、「国際法違反」と非難した。 AFP, October 1, 2015、AP, Octobe … 続きを読む

カテゴリー: 反体制勢力の動き | コメントする

サウジアラビアのムアッリミー国連代表がロシアによるシリア領内での空爆停止を求める(2015年10月1日)

サウジアラビアのアブドゥッラー・ムアッリミー国連大使は、「テロとの戦い」への対応を協議するために招集されている安保理閣僚級会合(議長国ロシア)で、ロシアに対してシリアへの空爆を停止するよう求めた。 ムアッリミー国連大使は … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き | コメントする

シリア軍がアレッポ市東部でダーイシュ(イスラーム国)と交戦(2015年10月1日)

アレッポ県では、SANA(10月1日付)によると、アレッポ市東部の航空士官学校一帯で、シリア軍がダーイシュ(イスラーム国)と交戦し、複数の戦闘員を殺傷、拠点・装備を破壊した。 シリア軍はまた、フワイジーナ村各所のダーイシ … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き | コメントする

アレッポ市のYPG支配地域(シャイフ・マクスード地区)をヌスラ戦線が砲撃(2015年10月1日)

アレッポ県では、ARA News(10月1日付)によると、シャームの民のヌスラ戦線が、西クルディスタン移行期民政局が支配下に置くアレッポ市北部のシャイフ・マクスード地区を砲撃し、子供1人が死亡した。 一方、SANA(10 … 続きを読む

カテゴリー: 反体制勢力の動き, 国内の暴力 | コメントする