日別アーカイブ: 2015年10月16日

有志連合はシリア領内で2回空爆を実施(2015年10月16日)

米中央軍(CENTCOM)は、10月16日にシリア、イラク領内のダーイシュ(イスラーム国)拠点などに対して21回の空爆を行ったと発表した。 このうちシリア領内での空爆は2回実施され、ラッカ市近郊(1回)、マーリア市近郊( … 続きを読む

カテゴリー: 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き | コメントする

シリア人権監視団は紛争による死者数が25万人を越えたと発表、反体制武装集団の死者を民間人として集計(2015年10月16日)

シリア人権監視団は、2011年3月18日から2015年10月15日までのシリアでの紛争による死者数が25万人を越えたと発表した。 同監視団によると、死者総数は25万124人で、内訳は以下の通りだという。 民間人:11万5 … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き | コメントする

シリア軍がアレッポ県東部、ハマー県東部、ヒムス県中部でダーイシュ(イスラーム国)への攻勢を続ける(2015年10月16日)

アレッポ県では、SANA(10月16日付)によると、シリア軍がアレッポ市東部航空士官学校一帯、サフィーラ市東部、シャワーヤー丘、マダーファ丘、ムスリミーヤ村、フライターン市、サブイーン丘、バクジーヤ村、カフル・カルミーン … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力 | コメントする

シリア軍がアレッポ市南部、ダマスカス郊外県東グータ地方の失地を回復(2015年10月16日)

アレッポ県では、SANA(10月16日付)によると、シリア軍が人民防衛諸集団とともに、アレッポ市南部で反体制武装集団と交戦し、アブティーン村、ハッダーディーン村、カサーラート村、畜産農場地区を制圧した。 シリア軍はまた、 … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力 | コメントする

ロシア参謀本部のカルタポロヴ作戦部長「9月30日以降の空爆でダーイシュなどの拠点380カ所以上に600回以上の空爆を実施」(2015年10月16日)

ロシア参謀本部のアンドレイ・カルタポロヴ作戦部長は記者会見を開き、9月30日に開始されたロシア軍によるシリア国内での作戦により、ダーイシュ(イスラーム国)の拠点380カ所以上に対して600回以上の空爆を実施したと発表した … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き | コメントする

トルコ軍が領空侵犯した所属不明の無人航空機を撃墜、米国はロシア機だと疑う(2015年10月16日)

『ハヤート』(10月17日付)によると、トルコ軍は、トルコ空軍戦闘機が、トルコ領空を侵犯した所属不明の無人航空機を撃墜したと発表した。 NTV(10月16日付)によると、撃墜された無人航空機は、国境から約3キロのトルコ領 … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き | コメントする

ヒズブッラーがベカーア県のダーイシュ(イスラーム国)とヌスラ戦線の拠点を砲撃(2015年10月16日)

マナール・チャンネル(10月16日付)によると、ヒズブッラー戦闘員がベカーア県バアルベック郡ラアス・バアルベック村近郊で、ダーイシュ(イスラーム国)、シャームの民のヌスラ戦線の拠点を砲撃し、戦闘員5人を殺害した。 AFP … 続きを読む

カテゴリー: レバノンの動き, 反体制勢力の動き | コメントする

フランスのオランド大統領「ロシア軍の空爆はアサドを救うことにはならない」(2015年10月16日)

フランスのフランソワ・オランド大統領は欧州議会出席のために訪問しているブリュッセルでの記者会見で、ロシア軍のシリアへの介入に関して「シリアの現政権を強化するかもしれないが、バッシャールを救うことはない…。政治的移行プロセ … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き | コメントする

米国防総省報道官「米国が投下した50トンの弾薬の一部はYPGに渡っている可能性がある」(2015年10月16日)

米国防総省のピーター・クック報道官は、米国がシリア北部で活動するシリア・アラブ同盟に対して約50トンの弾薬を投下したことに関して、「シリアのアラブ人武装勢力のためのものだと理解しているが、現地には他の反体制組織もおり、こ … 続きを読む

カテゴリー: 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き | コメントする