月別アーカイブ: 2016年6月

ダーイシュはアレッポ県北部の要衝ラーイー村を奪還(2016年6月24日)

アレッポ県では、ARA News(6月24日付)によると、ダーイシュ(イスラーム国)が前日にマーリア作戦司令室(シャーム軍団、スルターン・ムラード旅団など)によって掌握されていた戦略拠点ラーイー村を奪還した。 ** ダマ … 続きを読む

カテゴリー: 反体制勢力の動き, 国内の暴力 | コメントする

米主導の有志連合は21~23日の3日間でマンビジュ市一帯を30回弱にわたり爆撃(2016年6月24日)

米中央軍(CENTCOM)は、6月21日~23日までの3日間のシリア、イラク両国での有志連合の戦果をHPで発表した。 発表によると、6月21日はシリア、イラク領内のダーイシュ(イスラーム国)拠点などに対して35回の空爆を … 続きを読む

カテゴリー: 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き | コメントする

ヒズブッラーのナスルッラー書記長「我々はシリアにおける作戦の新段階を迎えようとしており、それはアレッポ一帯で行われる」(2016年6月24日)

ヒズブッラーのハサン・ナスルッラー書記長はマナール・チャンネル(6月24日付)を通じてテレビ演説を行い、シリア情勢について「アレッポでの戦いはシリア全土を防衛するための戦い」と強調し、アレッポ市一帯での攻勢を示唆した。 … 続きを読む

カテゴリー: レバノンの動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き | コメントする

ダマスカス郊外県東グータ地方で支援物資として提供されたイフタールで住民750人が食中毒(2016年6月23日)

シリア人権監視団によると、東グータ地方で、支援物資として提供された日没後のイフタールで食中毒が発生した。 食中毒の症状を訴えた住民は750人におよび、うち450人が子供、女性だという。 AFP, June 24, 201 … 続きを読む

カテゴリー: その他 | コメントする

リヤド最高交渉委員会はロシア軍による焼夷弾使用の実態調査を国連に要求(2016年6月23日)

リヤド最高交渉委員会は、国連の潘基文事務総長に書簡を送付、そのなかで、ロシア軍による焼夷弾使用の実態について調査するよう求めた。 『ハヤート』(6月25日付)が伝えた。 AFP, June 24, 2016、AP, Ju … 続きを読む

カテゴリー: 反体制勢力の動き | コメントする

マーリア作戦司令室がアレッポ県北部のトルコ国境に位置するラーイー村をダーイシュから奪還(2016年6月23日)

アレッポ県では、ARA News(6月23日付)によると、マーリア作戦司令室(シャーム軍団、スルターン・ムラード旅団など)がダーイシュ(イスラーム国)と交戦の末、県北西部のトルコ国境に近いラーイー村を制圧した。 またトル … 続きを読む

カテゴリー: 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き | コメントする

YPG主体のシリア民主軍がマンビジュ市市郊外の村を砲撃し、民間人11人が死亡、またダーイシュが敷設した地雷でマンビジュ市からの避難民6人が死亡(2016年6月23日)

アレッポ県では、シリア人権監視団によると、西クルディスタン移行期民政局(ロジャヴァ)人民防衛隊(YPG)主体のシリア民主軍が、有志連合の空爆による航空支援を受けて、ダーイシュ(イスラーム国)が籠城するマンビジュ市の南側か … 続きを読む

カテゴリー: 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き | コメントする

ラッカ県でのダーイシュとの戦闘でロシア軍兵士3人が死亡か?(2016年6月23日)

ラッカ県では、シリア人権監視団によると、ハマー県・アレッポ県との県境に位置する「三角地帯」を通るイスリヤー村・ラサーファ村街道のアブー・アラージュ村東部で、ダーイシュ(イスラーム国)が敷設した地雷が爆発し、ロシア軍兵士3 … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き | コメントする

シリア軍、ロシア軍はアレッポ市および同市一帯での爆撃、ファトフ軍などの反体制派との戦闘を継続(2016年6月23日)

アレッポ県では、シリア人権監視団によると、ロシア軍戦闘機がアレッポ市北部のアルド・マッラーフ地区各所を空爆、また戦闘機(所属明示せず)がアレッポ市カーティルジー地区、マサーキン・ハナーヌー地区を空爆し、住民4人が死亡した … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き | コメントする

フランス軍はダーイシュとの「テロとの戦い」からミラージュ2000戦闘機を撤収(2016年6月23日)

フランス軍参謀本部は、シリアとイラクでのダーイシュ(イスラーム国)に対する有志連合の空爆作戦に参加しているフランス空軍に関して、ミラージュ2000戦闘機の投入を停止、今後はラファール戦闘機のみを作戦に参加させることを決定 … 続きを読む

カテゴリー: 諸外国の動き | コメントする

フランスのオランド大統領は、アサド大統領の退陣を求めつつも、これを和平協議の前提条件とはしないと述べる(2016年6月22日)

『ハヤート』(6月25日付)は、フランス消息筋の話として、22日にパリで行われたイランのモハンマド・ジャワード・ザリーフ外務大臣との会談で、フランソワ・オランド大統領が、アサド大統領の退陣を求めつつも、これを和平協議の前 … 続きを読む

カテゴリー: 諸外国の動き | コメントする

ファトフ軍はイドリブ市内で、トルコ領からダーイシュ戦闘員を潜入させようとしていたグループを摘発したと発表(2016年6月22日)

イドリブ県では、クッルナー・シュラカー(6月23日付)によると、ファトフ軍の治安部隊が声明を出し、イドリブ市シュアイブ・モスク地区で、ダーイシュ(イスラーム国)戦闘員をトルコ領内から潜入させようとしていたグループを摘発し … 続きを読む

カテゴリー: 反体制勢力の動き | コメントする

日本人青年も戦闘員として参加していた外国人武装集団のムハンマド軍がアル=カーイダ系組織のヌスラ戦線に忠誠(2016年6月22日)

アレッポ県で活動する外国人戦闘員の武装集団「ムハンマド軍」は声明を出し、アル=カーイダ系組織のシャームの民のヌスラ戦線に忠誠を誓うと宣言した。 クッルナー・シュラカー(6月22日付)によると、ムハンマド軍は2013年半ば … 続きを読む

カテゴリー: 反体制勢力の動き | コメントする

ノルウェー政府はシリアへの軍特殊部隊派遣に向けて、ヨルダンに兵士60人を派遣することを決定(2016年6月22日)

ノルウェー政府は、シリアへの軍特殊部隊派遣に向けて、ヨルダンに兵士60人を派遣することを決定、近く議会で法案の審議を求めると発表した。 『ハヤート』(6月23日付)が伝えた。 AFP, June 22, 2016、AP, … 続きを読む

カテゴリー: 諸外国の動き | コメントする

イドリブ県のトルコ国境地帯で住民と避難民が衝突し、2人が死亡(2016年6月22日)

イドリブ県では、シリア人権監視団によると、トルコ国境に近いザーウィヤ山地方のバーラ村で、地元住民と避難民が衝突、2人が死亡した。 地元消息筋によると、衝突は、アイスパックの販売をめぐって発生したという。 AFP, Jun … 続きを読む

カテゴリー: 国内の暴力 | コメントする

ダーイシュはマンビジュ市を包囲するYPG主体のシリア民主軍に3度の自爆攻撃を実施(2016年6月22日)

アレッポ県では、シリア人権監視団によると、西クルディスタン移行期民政局(ロジャヴァ)人民防衛隊(YPG)主体のシリア民主軍の隊員2人がマンビジュ市一帯で、ダーイシュ(イスラーム国)によって敷設された地雷の爆発によって死亡 … 続きを読む

カテゴリー: 反体制勢力の動き, 国内の暴力 | コメントする

ダーイシュはアレッポ県北西部のマーリア市を砲撃(2016年6月22日)

アレッポ県では、ARA News(6月22日付)によると、ダーイシュ(イスラーム国)が反体制武装集団との戦闘の末、ドゥーディヤーン村、バーン・ヤバーン村、ガザル村を奪還した。 ダーイシュはまた、シャームの民のヌスラ戦線を … 続きを読む

カテゴリー: 反体制勢力の動き, 国内の暴力 | コメントする

シリア軍はダマスカス郊外県のダーライヤー市、ムウダミーヤト・シャーム市間の回廊を再び遮断(2016年6月22日)

ダマスカス郊外県では、シリア人権監視団によると、西グータ地方のダーライヤー市一帯では、シリア軍がイスラーム殉教者旅団などからなるジハード主義武装集団に対して激しい砲撃を加えるなどして反転攻勢に展示、20日にジハード主義武 … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き | コメントする

ダーイシュによるラッカ県南西部での反転攻勢によりシリア軍は「規律を失い撤退」(2016年6月22日)

ラッカ県では、シリア人権監視団によると、県南西部のイスリヤー村・ラッカ市街道で、シリア軍、砂漠の鷹旅団とダーイシュ(イスラーム国)が激しく交戦、ダーイシュはハマー県との県境に位置する「三角地帯」で進軍を続け、ダーイシュの … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き | コメントする

アサド大統領はイマード・ムハンマド・ディーブ・ハミース電力大臣を新首相に任命(2016年6月22日)

アサド大統領は2016年法令第187号により、イマード・ムハンマド・ディーブ・ハミース氏を首相に任命した。 ハミース氏の首相任命は、2016年4月13日に投票が実施された第2期人民議会選挙を受けたもの。 ハミース新首相は … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き | コメントする