月別アーカイブ: 2018年10月

YPGはトルコ占領下のアフリーン郡(アレッポ県)で部自由人連合を攻撃し、3人を殺害(2018年10月30日)

アレッポ県では、ANHA(10月30日付)によると、西クルディスタン移行期民政局(ロジャヴァ)人民防衛隊(YPG)が、トルコ実質占領下のアフリーン郡ラージュー町近郊のクーリヤー村で、オリーブの実を強奪した東部自由人連合を … 続きを読む

カテゴリー: 反体制勢力の動き, 国内の暴力 | コメントする

クナイトラ県と占領下のゴラン高原で、イスラエルによる地方選挙実施に抗議するデモが発生、イスラエル当局は占領地のデモを強制排除、シリア政府はデモへの支持を表明(2018年10月30日)

クナイトラ県では、SANA(10月30日付)によると、クナイトラ市イルム交差点で、占領下ゴラン高原でイスラエルが実施しようとしている地方選挙に反対するデモが行われ、数百人が参加した。 デモ参加者はクナイトラ県内外各地から … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 諸外国の動き | コメントする

ロシア難民受入移送居住センター:レバノンから132人、ヨルダンから348人の難民が帰国、避難民215人が帰宅(2018年10月30日)

ロシア国防省は、合同調整センター所轄の難民受入移送居住センターの日報(10月30日付)を公開し、10月29日に難民480人が新たに帰国したと発表した。 このうちレバノンから帰国したのは132人(うち女性40人、子供67人 … 続きを読む

カテゴリー: 諸外国の動き | コメントする

米主導の有志連合は10月21日~10月27日までの7日間でシリア領内で184回の爆撃を実施(2018年10月30日)

米中央軍(CENTCOM)は、10月21日~10月27日の7日間でのシリア、イラク両国における有志連合の爆撃の戦果をHPで発表した。 10月21日は、シリア、イラク領内のダーイシュ拠点などに対し13回の爆撃を実施、このう … 続きを読む

カテゴリー: 諸外国の動き | コメントする

アレッポ県で、国民解放戦線を主導するヌールッディーン・ザンキー運動とシャーム自由人イスラーム運動がシリアのアル=カーイダのシャーム解放機構幹部2人を殺害(2018年10月29日)

アレッポ県では、ドゥラル・シャーミーヤ(10月29日付)によると、シリアのアル=カーイダであるシャーム解放機構の幹部2人が、カフルハムラ村で国民解放戦線を主導するヌールッディーン・ザンキー運動とシャーム自由人イスラーム運 … 続きを読む

カテゴリー: 反体制勢力の動き, 国内の暴力 | コメントする

シャーム自由人イスラーム運動とイッザ軍の総司令官がハマー県北部で会談、シリア軍は殺害を試みるが失敗(2018年10月29日)

国民解放戦線を主導するアル=カーイダ系組織のシャーム自由人イスラーム運動のジャービル・アリー・バーシャー総司令官が、ハマー県北部で活動を続けるイッザ軍の拠点複数カ所を視察し、イッザ軍のジャミール・サーリフ総司令官と会談し … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力 | コメントする

YPG主体のシリア民主軍の敗北を受けて、米主導の有志連合はダイル・ザウル県南東部に戦車などを派遣、イラク軍は国境一帯で軍備を増強(2018年10月29日)

ユーフラテス・ポスト(10月29日付)は、ダイル・ザウル県南東部で西クルディスタン移行期民政局(ロジャヴァ)人民防衛隊(YPG)主体のシリア民主軍がダーイシュ(イスラーム国)の攻撃を受けてスーサ町、上バーグーズ村を喪失し … 続きを読む

カテゴリー: 諸外国の動き | コメントする

トルコ占領下のアフリーン郡(アレッポ県)でYPGがトルコ軍兵士を殺害(2018年10月29日)

アレッポ県では、ANHA(10月29日付)によると、西クルディスタン移行期民政局(ロジャヴァ)人民防衛隊(YPG)がトルコの実質占領下にあるアフリーン郡ラージュー町でトルコ軍および反体制武装集団と交戦、トルコ軍兵士複数人 … 続きを読む

カテゴリー: 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き | コメントする

クナイトラ県で米国およびイスラエル製などの武器弾薬、車輌を押収(2018年10月29日)

クナイトラ県では、SANA(10月29日付)によると、関係当局が、住民や和解委員会と協力して、反体制武装集団が保有していた米国およびイスラエル製などの大量の武器弾薬、車輌を押収した。 AFP, October 29, 2 … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き | コメントする

ロシア当事者和解調整センター「ホワイト・ヘルメットのテロリストがイドリブ県からアレッポ県北部に塩素ガスやサリン・ガスを持ち込んだとの情報を得た」(2018年10月29日)

ラタキア県フマイミーム航空基地に設置されているロシア当事者和解調整センターのウラジミール・サブチェンコ・センター長は、声明を出し、「テロリスト」がシリア軍に嫌疑をかけるため、住民に対して化学兵器攻撃を行おうとしているとの … 続きを読む

カテゴリー: 諸外国の動き | コメントする

イスラエルが救出したホワイト・ヘルメットのメンバーとその家族117人がカナダへ(2018年10月29日)

カナダのCBCチャンネル(10月29日付)は、7月にイスラエルによって救出され、クナイトラ県からイスラエル占領下のゴラン高原を経由して、ヨルダンに脱出していた反体制組織のホワイト・ヘルメットのメンバーとその家族422人の … 続きを読む

カテゴリー: 諸外国の動き | コメントする

ロシア難民受入移送居住センター:レバノンから115人、ヨルダンから344人の難民が帰国、避難民1,134人が帰宅(2018年10月29日)

ロシア国防省は、合同調整センター所轄の難民受入移送居住センターの日報(10月29日付)を公開し、10月28日に難民459人が新たに帰国したと発表した。 このうちレバノンから帰国したのは115人(うち女性36人、子供58人 … 続きを読む

カテゴリー: 諸外国の動き | コメントする

シリア運輸省次官はナスィーブ・ジャービル通行所でのシリアの車輌ヨルダン当局の待遇の悪さを非難(2018年10月28日)

運輸省のアンマール・カマール次官は、首都ダマスカスで開かれたワークショップで、今月半ばに再開したダルアー県のナスィーブ国境通行所(ヨルダン側のジャービル通行所)の状況に関して「通行所開通後、シリアの車輌に対する待遇の悪さ … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 諸外国の動き | コメントする

東グータ地方から敗走した革命家はトルコの観光施設で「ジップスライダー」に興じ、ショッピング・モール建設のための投資話を持ちかける(2018年10月28日)

ドゥラル・シャーミーヤ(10月28日付)は、ダマスカス郊外県東グータ地方でのロシア・シリア軍との戦闘で敗北し、シリア北部に退去していたイスラーム軍の司令官の1人イサーム・ブワイダーニー氏(アブー・ハマーム)が副官らととも … 続きを読む

カテゴリー: 反体制勢力の動き | コメントする

シリア軍はハマー県、イドリブ県を砲撃(2018年10月28日)

ハマー県では、ドゥラル・シャーミーヤ(10月28日付)によると、シリア軍がムーリク市一帯、ラターミナ町一帯、ラハーヤー村一帯、アトシャーン村一帯、カルアト・マディーク町一帯を砲撃した。 ** イドリブ県では、ドゥラル・シ … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力 | コメントする

トルコ軍がアレッポ県アイン・アラブ(コバネ)市西の村々を砲撃(2018年10月28日)

アレッポ県では、ANHA(10月28日付)によると、トルコ軍が、アイン・アラブ(コバネ)市西のルーズ・マガール村、ヒルバト・アトウ・アーシマ村、ジャーリウリー村を戦車などで越境砲撃した。 ** イドリブ県では、ドゥラル・ … 続きを読む

カテゴリー: 諸外国の動き | コメントする

米主導の有志連合はダーイシュに奪還されたダイル・ザウル県南東部のスーサ町を爆撃し、子供2人を含む住民5人が死亡(2018年10月28日)

ダイル・ザウル県では、SANA(10月28日付)が複数の地元筋の話として伝えたところによると、米主導の有志連合が県南東部のスーサ町を再び爆撃し、子供2人を含む住民5人が死亡した。 ユーフラテス・ポスト(10月28日付)な … 続きを読む

カテゴリー: 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き | コメントする

ダマスカス国立博物館が7年ぶりに再開(2018年10月28日)

ダマスカス県ハルブーニー地区にあるダマスカス国立博物館が7年ぶりに再開され、考古学者や一般の観覧者が訪れた。 ダマスカス国立博物館は「アラブの春」波及に伴う混乱のなかで2011年に閉鎖されていた。 ダマスカス国立博物館は … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き | コメントする

ロシア国防省:ロシア・トルコ停戦監視委員会のロシア側監督チームは2件の停戦違反を、トルコ側は0件の違反を確認(2018年10月28日)

ロシア国防省は声明を出し、ロシア側監督チームが過去24時間で「緊張緩和地帯設置にかかる覚書」への違反を2件(ラタキア県1件、ハマー県1件)確認したと発表した。 トルコ側の監視チームは停戦違反を確認しなかった。 Minis … 続きを読む

カテゴリー: 諸外国の動き | コメントする

ヨルダンのサファディー外務大臣「ルクバーン・キャンプの問題はシリア難民が自発的に帰国できるようにすることで解決する」(2018年10月27日)

ヨルダンのアイマン・サファディー外務大臣は、バハレーンで開幕したマナーマ対話フォーラムで、米主導の有志連合が占領するタンフ国境通行所(ヒムス県)に近いヨルダン北東部のルクバーン難民キャンプの処遇に関して、ロシア、米国と問 … 続きを読む

カテゴリー: 諸外国の動き | コメントする