日別アーカイブ: 2015年11月26日

米主導の有志連合はシリア領内での空爆を実施せず(2015年11月26日)

米中央軍(CENTCOM)は、11月26日にシリア、イラク領内のダーイシュ(イスラーム国)拠点などに対して18回の空爆を行ったと発表した。 しかし、シリア領内では空爆は実施されなかった。 CENTCOM, Novembe … 続きを読む

カテゴリー: 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き | コメントする

ドイツはフランス軍によるシリア空爆を支援するため偵察機と艦船の派遣を決定(2015年11月26日)

ドイツ政府は26日の関係閣僚会合で、ダーイシュ(イスラーム国)への対抗策として、フランス軍がロシア軍、米軍との連携のもとに行う(予定)のシリア領内での空爆作戦を支援するため、偵察機や艦船を派遣することを決定した。 ZDF … 続きを読む

カテゴリー: 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き | コメントする

YPGへの軍事教練のために米軍士官ら約50人がアイン・アラブ市(アレッポ県)入りか?(2015年11月26日)

クッルナー・シュラカー(11月26日付)は、複数の地元消息筋の話として、西クルディスタン移行期民政局コバーニー地区の中心都市アイン・アラブ市(アレッポ県)に、人民防衛部隊の軍事教練を任務とする米軍士官ら約50人が到着した … 続きを読む

カテゴリー: 反体制勢力の動き, 諸外国の動き | コメントする

サウジアラビアのジュバイル外相は「アサドには二つの選択肢しかない。平和的に去るか、軍事行動で排除されるかだ」と述べ、シリアへの軍事介入を改めて示唆(2015年11月26日)

サウジアラビアのアーディル・ジュバイル外務大臣は、リヤドでのオーストリア外務大臣との会談後の記者会見で、シリア情勢に触れ、「軍事的選択肢はまだ残されている」と発言した。 ジュバイル外務大臣は以下の通り述べた: 「軍事的選 … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き | コメントする

キャメロン英首相はシリア領内でのダーイシュ(イスラーム国)への空爆を求める法案を下院に提出(2015年11月26日)

英国のデヴィッド・キャメロン首相は、下院に対して、ダーイシュ(イスラーム国)に対する英国の軍事作戦の実施対象地域をイラクだけでなく、シリア領内にも拡大することを求める法案を提出した。 『ハヤート』(11月27日付)による … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力 | コメントする

ムアッリム外務在外居住者大臣はロシアのロゴージン副首相と会談(2015年11月26日)

ロシアを訪問中のワリード・ムアッリム外務在外居住者大臣(兼副首相)はモスクワで、ロシアのドミトリー・ロゴージン副首相と会談し、二国間関係、シリア情勢などについて意見を交わした。 SANA(11月26日付)が伝えた。 AF … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 諸外国の動き | コメントする

フランスのオランド大統領とロシアのプーチン大統領が会談:「ダーイシュ(イスラーム国)を含むテロ組織と戦う勢力への空爆は行わないことで合意」(2015年11月26日)

フランスのフランソワ・オランド大統領はロシアの首都モスクワを訪れ、ヴラジミール・プーチン大統領と会談し、シリアでのダーイシュ(イスラーム国)に対する掃討作戦などについて協議した。 RT(11月26日付)などによると、会談 … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き | コメントする

トルコのエルドーアン大統領はダーイシュとの石油取引を否定し、「穏健なトルコマン反体制派」の支援を継続すると述べる(2015年11月26日)

トルコのレジェップ・タイイップ・エルドアン大統領は、トルコ政府とダーイシュ(イスラーム国)の協力関係を批判したロシアのヴラジミール・プーチン大統領の発言に対して、「恥を知るべきだ。我々がダーイシュから石油を買っていると疑 … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き | コメントする

ロシアのプーチン大統領は「トルコはテロリストをかくまい、彼らと石油、人員、麻薬を違法取引している」と批判(2015年11月26日)

ロシアのヴラジミール・プーチン大統領は、大使任命式でシリア情勢について触れ、「一部の国がテロを直接支援し、そのことがテロ組織ダーイシュ(イスラーム国)の台頭をもたらした」としたうえで、「テロリストたちの行為を白紙撤回し、 … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き | コメントする

ロシア軍(と思われる戦闘機)およびシリア軍は、米トルコが設置合意した「安全保障地帯」の西端に位置するバーブ・サラーマ国境通行所(アレッポ県)などトルコ国境地帯で空爆、攻撃を激化(2015年11月26日)

アレッポ県では、ドゥラル・シャーミーヤ(11月26日付)によると、ロシア軍爆撃機が、トルコとの国境に位置するバーブ・サラーマ国境通行所にいたる街道一帯、ズィーターン村、ズィルバ村、ハーン・トゥーマーン村、ダマスカス・アレ … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き | コメントする

ロシア軍(と思われる)戦闘機がダーイシュ(イスラーム国)の拠点マンビジュ市などを空爆(2015年11月26日)

アレッポ県では、ドゥラル・シャーミーヤ(11月26日付)によると、ロシア軍爆撃機がダーイシュ(イスラーム国)の支配下にあるハフサ町、マスカナ市の給水所を空爆した。 また、ARA News(11月26日付)によると、ロシア … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き | コメントする

シリア軍報道官:シリア軍は21~26日にシリア領内各所で179回の空爆を実施し、標的673カ所を破壊(2015年11月26日)

シリア軍報道官は、11月21日から26日までの5日間で、軍戦闘機が179回の出撃を行い、ダマスカス郊外県、ヒムス県、ハマー県、イドリブ県、アレッポ県、ダイル・ザウル県、ラタキア県各所で673の標的を攻撃、破壊したと発表し … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力 | コメントする