日別アーカイブ: 2015年11月5日

米主導の有志連合がYPG主体のシリア民主軍拠点を誤爆し、戦闘員45人が死亡(2015年11月5日)

クッルナー・シュラカー(11月6日付)は、米国が主導する有志連合がハサカ県フール町一帯でダーイシュ(イスラーム国)と戦うシリア民主軍の拠点複数カ所を誤爆し、戦闘員45人が死亡した。 有志連合は最近になって、西クルディスタ … 続きを読む

カテゴリー: 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き | コメントする

米主導の有志連合は、ブーカマール市(ダイル・ザウル県)などシリア領内各所で9回の空爆を実施(2015年11月5日)

米中央軍(CENTCOM)は、11月5日にシリア、イラク領内のダーイシュ(イスラーム国)拠点などに対して23回の空爆を行ったと発表した。 このうちシリア領内での空爆は9回、フール町近郊(3回)、ハサカ市近郊(2回)、ブー … 続きを読む

カテゴリー: 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き | コメントする

アル=カーイダ系組織のジュンド・アクサー機構、シャームの民のヌスラ戦線、シャーム自由人イスラーム運動などがダーイシュ(イスラーム国)との戦闘猶予で合意に向かいつつも、依然として対立(2015年11月5日)

シャームの民のヌスラ戦線に近いサウジアラビア人説教師のアブドゥッラー・ムハイスィニー氏(ジハード布教者センター代表)はツイッターの自身のアカウントを通じて、ファトフ軍の脱退を宣言していたアル=カーイダ系組織のジュンド・ア … 続きを読む

カテゴリー: 反体制勢力の動き, 国内の暴力 | コメントする

ロシア軍がUNESCO世界文化遺産のパルミラ遺跡を擁するタドムル市一帯を激しく空爆する一方、ダイル・ザウル県では所属不明の戦闘機の空爆で住民19人が死亡(2015年11月5日)

ヒムス県では、シリア人権監視団によると、ロシア軍と思われる戦闘機がタドムル市およびその一帯を15回以上にわたり空爆した。 ロシア軍の空爆はパルミラ遺跡群一帯に対しても行われたという。 またこの空爆と並行して、シリア軍が同 … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き | コメントする

アル=カーイダ系組織のジュンド・アクサー機構がハマー県北部のシリア政府の要衝都市ムーラク市を制圧(2015年11月5日)

ハマー県では、シリア人権監視団によると、アル=カーイダ系組織のジュンド・アクサー機構などからなる武装集団が、ムーリク市に対して数百発の迫撃砲を撃ち込むなどして総攻撃をかけ、同市を制圧した。 クッルナー・シュラカー(11月 … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き | コメントする

ロシア国防省:ロシア軍は過去2日で81回の空爆を実施し、国際テロ組織の施設263カ所を破壊(2015年11月5日)

ロシア国防省は、ロシア軍が過去48時間で81回出撃し、アレッポ県、ダマスカス郊外県、ダイル・ザウル県、イドリブ県、ラタキア県、ラッカ県、ハマー県、ヒムス県で、ダーイシュ(イスラーム国)など国際テロ組織の施設263カ所を破 … 続きを読む

カテゴリー: 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き | コメントする

米国防省:米軍はシリア民主軍の空爆支援を17回にわたって実施(2015年11月5日)

米国防総省のスティーブ・ウォーレン報道官は、ハサカ県フール町一帯でダーイシュ(イスラーム国)と戦うシリア民主軍を支援するため17回にわたる空爆を実施したと発表するとともに、シリア民主軍がダーイシュから255平方キロの地域 … 続きを読む

カテゴリー: 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き | コメントする

シリア国民連合は英外相と会談し「シリアの未来においてアサドの居場所はない」ことを確認(2015年11月5日)

シリア革命反体制勢力国民連立のハーリド・ハウジャ代表は英国を訪問し、フィリップ・ハモンド外務大臣と会談、シリア情勢への対応について協議した。 『ハヤート』(11月6日付)によると、会談で両者は、政治転換に向けた交渉が紛争 … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き | コメントする

クッルナー・シュラカー:シリアの空軍情報部は民間・人道関連施設を軍事施設と偽ってロシア側に伝え空爆させる(2015年11月5日)

クッルナー・シュラカー(11月5日付)は、シリアの治安機関内の信頼できる複数の消息筋の話として、シリアの空軍情報部が、野戦病院、パン製造所、人道支援物資貯蔵庫などの民間施設、人道関連施設を反体制武装集団の軍事施設であると … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き | コメントする

レバノンでシリア人活動家の組織「カラムーン・ウラマー委員会」のウラマー4人が爆殺(2015年11月5日)

NNA(11月5日付)によると、ベカーア県バアルベック郡アルサール村郊外でシリア人活動家によって構成されるカラムーン・ウラマー委員会を狙った爆発が発生し、ウマル・ハラビー氏(副委員長)、アラー・バックール氏、アリー・ラシ … 続きを読む

カテゴリー: レバノンの動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力 | コメントする

OPCW匿名高官:米軍(有志連合)、「穏健な反体制派」、アル=カーイダ系組織、ダーイシュ(イスラーム国)が混戦するアレッポ県北部地域で8月にマスタード・ガスが使用された事実を確認(2015年11月5日)

化学兵器禁止機関(OPCW)の匿名筋はAFP(11月5日付)に対し、2015年8月21日のアレッポ県マーリア市一帯での戦闘で、マスタード・ガスが使われた事実を確認したと述べた。 この匿名筋によると、誰がマスタード・ガスを … 続きを読む

カテゴリー: 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き | コメントする