月別アーカイブ: 2015年12月

アレッポ県各所でYPG主体のシリア民主軍がヌスラ戦線との戦闘を続ける(2015年12月29日)

アレッポ県では、シリア人権監視団によると、アフリーン市郊外のシャワーリガ村、マーリキーヤ村一帯で、西クルディスタン移行期民政局(ロジャヴァ)人民防衛隊(YPG)主体のシリア民主軍が、シャームの民のヌスラ戦線などからなる反 … 続きを読む

カテゴリー: 反体制勢力の動き, 国内の暴力 | コメントする

停戦合意に基づきトルコに移送された反体制武装集団の負傷した戦闘員86人はシリア領内(イドリブ県)にただちに移送(2015年12月29日)

クッルナー・シュラカー(12月30日付)は、イランの仲介による停戦合意でダマスカス郊外県ザバダーニー市からレバノン経由でトルコのハタイ空港に移送されたシャーム自由人イスラーム運動など反体制武装集団の負傷戦闘員ら126人の … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き | コメントする

サウジアラビア・トルコ両首脳がリヤドでシリア情勢などへの対応を協議(2015年12月29日)

サウジアラビアのサルマーン・ビン・アブドゥルアズィーズ国王がリヤドを訪問したトルコのレジェップ・タイイップ・エルドアン首相と会談し、シリア情勢、イエメン情勢、そしてアラブ・イスラーム諸国からなる新たな対テロ軍事同盟などに … 続きを読む

カテゴリー: 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き | コメントする

米主導の有志連合はシリア領内で5回の爆撃を実施(2015年12月28日)

米中央軍(CENTCOM)は、12月28日にシリア、イラク領内のダーイシュ(イスラーム国)拠点などに対して31回の空爆を行ったと発表した。 このうちシリア領内での空爆は9回で、フール町近郊(1回)、マンビジュ市近郊(5回 … 続きを読む

カテゴリー: 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き | コメントする

シリア軍、ロシア軍がダルアー県のシャイフ・マスキーン市への攻勢を強める一方、ヒムス県では連続自爆テロが発生し、住民30人以上が死亡(2015年12月28日)

ダルアー県では、シリア人権監視団によると、ロシア軍と思われる戦闘機がシャイフ・マスキーン市一帯に対して少なくとも50回の空爆を行う一方、同市北部および周辺一帯では、シリア軍、国防隊がジハード主義武装集団と交戦した。 マサ … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き | コメントする

シリア軍、ロシア軍がアレッポ市東部でダーイシュ(イスラーム国)への攻勢を強め、ユーフラテス川方面に東進(2015年12月28日)

アレッポ県では、シリア人権監視団によると、ロシア軍戦闘機は、シリア軍とダーイシュが交戦を続けるアレッポ市東部のラスム・スィルハーン村、アッラーン村、アブー・ジャッバール村、タッル・ハッターバート村、ナッジャーラ村一帯に対 … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き | コメントする

アレッポ県でロシア軍、有志連合がそれぞれYPG主体のシリア民主軍を爆撃支援、これに対してダーイシュ(イスラーム国)はトルコマン人の村を制圧(2015年12月28日)

アレッポ県では、シリア人権監視団によると、アフリーン市郊外(米トルコが設置合意した「安全地帯」の西端)のマーリキーヤ村、シャワーリガ村一帯で、西クルディスタン移行期民政局(ロジャヴァ)人民防衛隊(YPG)主体のシリア民主 … 続きを読む

カテゴリー: 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き | コメントする

イラン仲介の停戦合意に従い、ザバダーニー市(ダマスカス郊外県)から反体制武装集団戦闘員負傷者ら126人がレバノン経由でトルコに退去、フーア市、カファルヤー町(イドリブ県)から国防隊隊員を含む民間人363人がトルコ経由でレバノンに避難(2015年12月28日)

『ハヤート』(12月29日付)によると、9月にイランの仲介により、ダマスカス郊外県ザバダーニー市一帯およびイドリブ県フーア市・カファルヤー町一帯で成立したシリア軍とアル=カーイダ系組織のシャーム自由人イスラーム運動などを … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き | コメントする

ロシア軍は25~27日の3日間で164回出撃、シリア領内各所でダーイシュ(イスラーム国)など556の標的を攻撃(2015年12月28日)

ロシア国防省は、12月25日から27日までの3日間で、シリア駐留ロシア軍戦闘機が164回の出撃を行い、アレッポ県、イドリブ県、ラタキア県、ハマー県、ヒムス県、ダマスカス郊外県、ダイル・ザウル県、ラッカ県で、ダーイシュ(イ … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き | コメントする

米主導の有志連合はシリア領内で5回の爆撃を実施(2015年12月27日)

米中央軍(CENTCOM)は、12月27日にシリア、イラク領内のダーイシュ(イスラーム国)拠点などに対して37回の空爆を行ったと発表した。 このうちシリア領内での空爆は16回で、ハサカ市近郊(2回)、ラッカ市近郊(1回) … 続きを読む

カテゴリー: 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き | コメントする

トルコ軍がハサカ県ジュワーディーヤ村北部を侵犯、国境から100メートルの地点に侵入(2015年12月27日)

ARA News(12月27日付)は、西クルディスタン移行期民政局人民防衛隊に近い信頼できる複数の地元筋の話として、トルコ軍がハサカ県ジュワーディーヤ(ジャッル・アーガー)村北部の国境地帯に位置するダイルナー・アーガー村 … 続きを読む

カテゴリー: 諸外国の動き | コメントする

YPG主体のシリア民主軍は、ユーフラテス川西岸への進軍を続け、ダーイシュ(イスラーム国)の拠点都市の一つマンビジュ市に迫る(2015年12月27日)

アレッポ県では、ARA News(12月27日付)によると、ユーフラテス川のティシュリー・ダムおよび同川東岸一帯を制圧した西クルディスタン移行期民政局(ロジャヴァ)人民防衛隊(YPG)主体のシリア民主軍は、ユーフラテス川 … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き | コメントする

トルコのエルドアン大統領はイランのシリア介入を「宗派主義的動機」によると批判するとともに、ダーイシュ(イスラーム国)とPYDを「PKKと大差ない」と酷評(2015年12月27日)

トルコのレジェップ・タイイップ・エルドアン大統領は、シリア情勢に関して「もしイランが宗派主義的な動機でアサドの後ろ盾になっていなかったら、我々は今日、彼らとシリアなどの問題について議論できていたはずだ」と述べた。 エルド … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き | コメントする

ダマスカス県南部一帯からのダーイシュ、ヌスラ戦線の退去を受けて、ハマースを除くパレスチナ諸派がシリア政府の要請を受け、治安維持を目的とした合同部隊の結成を準備(2015年12月27日)

『ハヤート』(12月28日付)は、複数のパレスチナ筋の話として、ダマスカス県ヤルムーク区、カダム区、ダマスカス郊外県ハジャル・アスワド市一帯からのダーイシュ(イスラーム国)、シャームの民のヌスラ戦線などのメンバー約3,5 … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力 | コメントする

シリア軍がダルアー県カフルシャムス町でジハード主義武装集団メンバー17人を殲滅(2015年12月27日)

ダルアー県では、シリア人権監視団によると、シリア軍と国防隊がカフルシャムス町でジハード主義武装集団を攻撃、メンバー17人を殲滅した。 またロシア軍と思われる戦闘機がシャイフ・マスキーン市各所を6回にわたり空爆、同地一帯で … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き | コメントする

ロシア軍と思われる戦闘機がアレッポ県内のダーイシュ(イスラーム国)の主要拠点の一つバーブ市などを爆撃(2015年12月27日)

アレッポ県では、シリア人権監視団によると、ダーイシュ(イスラーム国)の拠点都市の一つバーブ市、および米トルコが設置合意した「安全地帯」内のダービク村近郊の穀物サイロ地区を、ロシア軍と思われる戦闘機が空爆した。 一方、SA … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き | コメントする

イスラーム軍がシリア政府との交渉にあたる反体制派の統一代表団の人選を担当する最高交渉委員会からの脱会を決定か?(2015年12月27日)

ARA News(12月27日付)は、イスラーム軍のイサーム・ブワイダーニー氏率いる新司令部は、シリア政府との交渉にあたる反体制派の統一代表団の人選を担当する最高交渉委員会からの脱会を決定、発表したと伝えた。 しかし、イ … 続きを読む

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き | コメントする

ヒズブッラーのナスルッラー書記長はサミール・クンタール氏暗殺への報復を約束(2015年12月27日)

ヒズブッラーのハサン・ナスルッラー書記長はテレビ演説を行い、20日のイスラエル軍によると思われるダマスカス郊外県ジャルマーナー市への攻撃でサミール・クンタール氏が死亡した事件に関して「サミール暗殺の報復は必ず行われる…。 … 続きを読む

カテゴリー: レバノンの動き, 反体制勢力の動き, 諸外国の動き | コメントする

米主導の有志連合はシリア領内で5回の爆撃を実施(2015年12月26日)

米中央軍(CENTCOM)は、12月26日にシリア、イラク領内のダーイシュ(イスラーム国)拠点などに対して33回の空爆を行ったと発表した。 このうちシリア領内での空爆は5回で、マンビジュ市近郊(3回)、ラッカ市近郊(2回 … 続きを読む

カテゴリー: 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き | コメントする

YPG主体のシリア民主軍がダーイシュ(イスラーム国)との戦闘の末、アレッポ県東部ティシュリーン・ダム一帯を制圧(2015年12月26日)

アレッポ県では、ARA News(12月26日付)によると、西クルディスタン移行期民政局(ロジャヴァ)人民防衛隊(YPG)主体のシリア民主軍は、マンビジュ市南東部のユーフラテス川岸のティシュリーン・ダムおよび同地一帯(ユ … 続きを読む

カテゴリー: 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き | コメントする